バレエ 腰痛 

バレエで腰の下が痛いときのアプローチ。外側とベルトを強化

の下が痛い。これは日常でよくある症状かもしれません。
が、バレエの場合は、足の使い方・疲労が影響していることも少なくありません…
————————–

こんにちは。島田です。

現場で治療していると、バレエと腰痛は、きってもきれない関係にある印象があります。たとえメインの訴えは違っても、多くの方が抱えてる感じ。

バレエの場合、足指や足裏の使い方が他のスポーツと違うので、その影響を受けているものが多いです。もちろん腰の筋肉が疲労していることもあるので、腰にも鍼をしますけど。

よく使うのはここ↓
バレエ 股関節 外側
股関節の外側が痛いときのアプローチでも紹介しましたが、ここは体の横を支えるラインに影響します。
説明が難しいですが、体がこう…あるとして、アルファベットのHの字みたいに左右を支えているイメージです。

バレエ 腰痛 
ここが弱ると、腰がしまらないので、腰から下に力が入りづらくなります
骨盤周りの筋肉やお尻、腰下の筋肉が余分に頑張らなければいけない分、そこに疲労と痛みが集中しちゃうんですね。

→体の外側→腰下~お尻の負担増える→痛い…

みたいな流れです。

症状としては腰に出てるし、腰をやってもらいたいんだけど、この場合は腰に鍼をしても気分しか変わりませんσ(^_^;)だって原因足だから

・腰下が痛い
・腰に力が入らない
・わき腹が張ってる、痛い

などで気になる場合はまず足からですよ。