ルルベと親指と三陰交。ツボは状況と組み合わせが大事。

ボは色々な状態に効きます。でも「ココに効かせたい」というところに効くとは限らないんですね。効果を誘導するツボが必要になります。
—————–
こんばんは。島田です。

ツボの効果は一つだけじゃありません。特に婦人科に使う三陰交のように、有名なツボはカバーする範囲が広いです。
三陰交 ツボ 効果
そのツボ単独だと効果が曖昧になってしまうので、組み合わせるツボで効果を誘導します。

あと状況も大切
例えば、上の図にあるような状態だとルルベがいつもよりうまくいかない場合は三陰交が効きやすいです。

三陰交は親指〜ふくらはぎ内側〜膝内側と連動しています。

生理時などでなんとなく立ちにくいときは、三陰交をしばらく押して親指を動かすだけでも親指が使いやすくなるのでルルベアップしやすくなります。ふくらはぎ使いすぎてるときは親指の筋肉(長母趾屈筋)を使えてないことがあるので、三陰交と親指の爪付近を入念にもんであげてください。