膝のケガから本番で踊れるようになるまでの3週間・その1

膝のケガ治療
本番前のケガは緊急事態。そんな緊急事態にどういう流れで鍼治療していくのか、年末に起きた実際の現場をもとに紹介します。メモ形式なので読みづらいかもしれませんが…
———————-

【症状】左膝のケガ(前側の痛みが強い)。

長座の状態で転んでしまったそうです。前日に整形外科に受診したあと、こちらにいらっしゃいました。
当時の状態ですが、まず膝が曲がりません^^;階段の昇り降りはもちろんアウト

鍼治療は、
・膝自体の回復を早めるもの
・膝をかばったときにできる余分な緊張を抑える
などを中心に行いました。

ケガをした直後だったので吸い玉も。
吸い玉治療

 

次の受診は4日後。
MRIを撮ったあと「半月板の損傷はほとんどない」という結果をふまえて治療しました。

状態は前回よりも良くなっていて、膝も動かせるようです(動かせる分、膝が痛い)。また腰から下の冷えが気になるとのこと。

前回の治療に体の外側のラインを強化するツボを加えました(脇腹のツボ)。
バレエ 腰痛 

2回の治療を終えて、
手応えはあるし、順調に良くなってはいるけど、このペースでは本番まで間に合わなさそう( ̄- ̄;)。
ということで、その次の治療から火鍼を使うことに。その様子はまた次回…。