アラベスクで腰がつまる原因の1つは外反母趾?

アラベスクで腰がつまる原因の1つは外反母趾?

アラベスクがうまくいかないときの原因はいくつかありますが、当院でみているなかで多いのが【背中を反るとき、脚を上げたときに腰がつまる】という問題です。

さらに、この腰がつまる原因にもいくつか理由があります^^;ややこしいですね

今回は【外反母趾が原因でアラベスクするときに腰がつまる】ケースを紹介します。

 

そもそも腰がつまる状態って?

背中を反る時、脚を上げる時などに腰がつまるのは、余分に腰を使っているからです。

本来、腰を使わずにやらないといけない部分まで腰を使ってしまっているので、それ以上動かないのがつまっている原因。

外反母趾があると、どうして腰がつまるんでしょうか?

 

外反母趾が引き起こす重心のズレ

外反母趾があると↓こんな感じ↓に重心が後ろにズレます

外反母趾▶重心外に逃げる▶中央にかからなくなる▶体重が後ろに押される

重心をこれ以上後ろにもっていけないため、背中を反ろうとしても動かない(腰がつまる)のです。

この場合、腰の治療をしてもそれほどしっくりいかないことが多いと思います。(つまっている原因が足にあるので)

ではどこからアプローチすればいいのでしょうか?

 

ポイントは足にあり

外反母趾の痛みから逃げるために外にいった重心をきちんと内側にかけられるようにしてあげる方が楽にアラベスクをしやすくできます。

でも、曲がった親指を戻すのは難しいので、まずアプローチするべきなのは、【足の甲】と【顎】

外反母趾がある方には顎に問題を抱えているケースが多いです。

顎の硬さをとることで体重の偏りを減らすことができますφ(.  .  )特に痛い足の顎先は硬くて痛くなっているはず

 

・アラベスクで腰がつまる

・外反母趾がある

という方は、腰よりも足のケアに注目してみてください。腰のつまりが減ってきますよ^^