ピルエットがしやすくなる肋骨閉じ整体

ピルエットをしやすくするための肋骨閉じ整体

平行な動きは得意だけど、ひねったり、回転する動きが苦手なタイプのダンサーさんに行う整体です。

体を横に細くすることで回転するときの負担を減らすのがこの整体の狙い。
「人間の体そんなに伸縮自在なのか?」と思いますが、意外と形の変化は柔軟性があります。
あ、もちろん骨は変わりませんよ^^;周りについてる筋肉や脂肪の偏りをうまく利用する方法です。

どんな施術?

肋骨矯正
肩甲骨を回しながら、肋骨をしめていきます。
こうすることで、胴が細くなるので回転しやすい状況が作れるんですね。
ピルエットがしやすくなる肋骨閉じ整体
これで、なぜ回転しやすくなるか?
それは開き過ぎた肩甲骨を元の位置に戻すことが関係しています。

ポイントは肩甲骨と肋骨の位置関係

肩甲骨は肋骨をすべるように動きます。

肩甲骨と肋骨の関係
(イラスト解剖学・第4版より)

デスクワーク・肩の使い過ぎなどで、肩甲骨が外に開いて固まっていきます。この状態だと、脇に引っ張られる感じで肩甲骨がうまく使えません。バランスも悪くなります。コマでいうと余計な部品が外側についているような感じ。

この肩甲骨と肋骨の位置関係をきちんと整えてあげるのがこの整体でやっていることです。
ピルエットが苦手なダンサーさんは、脇腹(肩甲骨と肋骨の間)がものすごく凝っていたりします。

脇腹のコリ
あなたは、どうですか?
意外とノーマークな場所ですが、押すと痛くありません?
「うっわ、痛い (>_<;)」と思ったら、肩甲骨を脇腹から離すようにストレッチしてください。

バレエ特有の動きに対する専門治療をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階

【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番

【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)

土・祝10時~17時

【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容

ご感想

アクセス

院長プロフィール