グランプリエで足の付け根が痛いときのチェックポイント

鍼治療で使うチェックリスト|グランプリエで足の付け根が痛い

こんにちは。島田です。

「プリエで足の付け根が痛い」というご相談はよくあります。

膝が痛いのか、股関節が痛いのか、ドゥミとグランどちらで痛いのかによって内容が変わります。今回はグランプリエで足の付け根(股関節)が痛いときの鍼治療で使うチェックリストについてご案内φ(. .  )

具体的な状態を把握するために、まず大まかに痛みの原因を検査していきます。よくみるのはこの3つです↓

グランプリエで足の付け根が痛いときのつのチェックリスト

 

□ターンアウトで左右差がある

▶股関節、股関節を開く筋肉(梨状筋など)

この時点で問題がある場合は、まずここから鍼治療して股関節の引っかかりをとります。
 

□ドゥミプリエは大丈夫だけど、グランプリエは痛い

▶太もも(前)、腸腰筋などのインナーマッスル

体を沈み込ませる動きをするときに股関節や膝への負担が増えることで足の付け根に痛みが出ます。
腸腰筋などのインナーマッスルは、体の引き上げにも使います。
太ももは意外とポイントで、膝、股関節両方に効くので、痛みがなくても普段からケアしたい場所です。
この2つに鍼をすることで、体を沈ませる動きをやりやすくします。
 

□体重が外にかかっている

体重が外にかかっていると、プリエするときに体重が後ろにいって、内ももに負担がかかりやすいです。
外側体重で踊っていると、どうしても足裏(外側)が疲れやすくなります。
整体で足裏(外側)にかかった負担を減らして体重のかかる位置を修正します。

まずこのチェックポイントにあるような状態を改善した後、ツボを使って具体的な症状をとっていきます。
 
 

まとめると…

グランプリエで足の付け根が痛いときのチェックポイント
あなたはどれでしたか?
治療で使うポイントではありますが、普段からケアする面でも使えるかな〜と思い、チェックポイントを図にしてみました。お役に立てば幸いです^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32