レベル別・殿筋ケア。ズキズキ痛むなら吸い玉した方が治り早いです

こんばんは。島田です。

大殿筋、中殿筋、小殿筋などお尻の筋肉のケアが意外と足りてないな〜と思うこの頃。ココ、痛めてるダンサーさんが結構多い気がします。

バレエの動きにとって殿筋はものすごく大切です。
・アンドゥオールするにも
・アラベスクするにも
・軸足作るにも
・そもそも歩くのにさえ…^^;殿筋ないとまともに歩けません

今回はそんな殿筋のケアについて、セルフでできる部分、治療を受けるタイミング、治療法の選択などを段階に分けて紹介します。
 

レベル1:疲労が溜まってる

 
□アラベスクの軸足が安定しない、動足が上がらない
□アンドゥオールしづらい(痛みは無い)
最近はデスクワーク多いので、このレベルはよくあるのではないかと思います。
疲労がたまっているだけなら、ストレッチやマッサージで十分楽になります。セルフケアでもかなりいけるはずです。

レベル2:動きで痛みが出る

 
□レベル1の症状+痛み
□脚上げがキープできない
この時点で治療が必要になってきます。セルフはちょっと厳しいかな。私はわりとセルフケア推奨派(?)ですが、正しく効かせられている方は少ないなというのが現場での印象。
少なくとも筋肉の走行を知っている方によるマッサージ、あるいは鍼治療が必要です。
バレエ鍼灸
この写真で使ってる鍼の太さは0.16mm。髪の毛より0.02mm細いですが十分効きますφ(. .  )
 

レベル3:慢性化(×_×; )

 
□歩いても痛い時がある
□レベル2+ズキズキ・ピリピリした痛み
このズキズキ、慢性化による血流の悪化が原因です(発痛物質が出るので痛みの原因が消えても痛みが残る)。
ここまできたら、治療に吸い玉を加えた方が早く治ります。
吸い玉治療

吸い玉とは
血行を良くしたりデトックスで使う療法
吸盤の形をしたガラス玉の中を火であぶって真空状態を作り、皮膚にあてることで、その部分の皮膚に強制的に血流を集めます。
●こんな症状向け:慢性的な腫れ、季節の変わり目で体調を崩す方、慢性的なコリ
●こんなときはNG:生理前後、冷えが強い(熱を抜くため)、貧血気味

 
吸い玉治療
↑写真は肩こり用ですが、こんな感じで血行よくする事で回復を促します↑

終わりに

殿筋は股関節の安定度に大きく関係します。痛めるとバランス崩す原因にも。
疲労程度でおさまっている時に早めのケアをすることで、後々ラクですよ^^

バレエ特有の動きに対する専門治療(鍼灸・整体)をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番
【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)
土・祝10時~17時
【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容
ご感想
アクセス
院長プロフィール
※URLが日本語のため、一部機種によってリンクからページに跳べないことがあります。その場合はお手数ですが一度トップページへどうぞ

【電話】03-3457-6682

📩メールでの受付も行っています(24時間受付)

受付時間内は2時間以内に返信いたします。(時間外は翌営業日)
もし返信が届かない場合は、恐れ入りますがお電話いただけると助かります。

※具体的な症状(4番プリエで股関節が痛い、グランプリエで膝が痛い、アラベスクで腰に痛みが出る…など)を教えていただけるとより効果的な施術ができます。

東京都内(港区、大田区、新宿区、品川区、江東区、江戸川区、世田谷区、豊島区など)、神奈川県(藤沢市、金沢、鷺沼、溝の口など)、埼玉県(さいたま市、浦和、越谷、春日部)などからご来院いただいています。