バレエ 足がつる 東洋医学

足がつる時は睡眠が大切!東洋医学的・寝る子は育つ

こんばんは。島田です。

踊るときに
・足裏がつりやすい
・ふくらはぎがつる
ことありませんか?

ミネラル不足が原因といわれていますが、この症状、東洋医学でみると『血流コントロール』と『睡眠』に関係があります。
 

足がつるのは東洋医学的にみると血流コントロールの問題?!

東洋医学では血液の銀行のような臓器(肝・かん)があります。
・血を貯めておく
・必要なところに血流を送る
という働きで、体がスムーズに機能するようにしています。

この働きが弱くなると、体の動きがスムーズにいかず、ダンサーさんでいうと
・筋肉がつる、つりやすくなる
・腱が硬くなる
・関節が硬くなる(曲げ伸ばししづらい)
といった問題がでてきます。

実は、この「血流をきちんとコントロールできる」ように肝が働くには『睡眠』が必要なんです。
 

睡眠(休息)は肝を養う時間

普段、動いている時は、血流は全身の必要なところに送られています。
そして、睡眠で休んでいるときは肝にもどってきて貯金ならぬ貯血されているわけです。

バレエ 足がつる 東洋医学
この睡眠が減るとどうなるか?
貯めておくことができず使い続けることになります。
送る分が減ってくるので、必要なところに血が回らなくなって、足がつったり、腱や関節周りが硬くなってきたりするんです。あ、もちろん血液量そのものに変化があるわけではありませんよ^^;
 

終わりに

足がつりやすいときは、血流コントロールがうまくいっていないサインかもしれません。しっかり睡眠をとって、スムーズな動きを取り戻してください^^
ちなみに、肝へのエネルギーが一番通りやすいのは夜中の1時〜3時です(過去記事・体の時間意識してる?より)。少なくともこの時間帯はすやすや寝ていたいですね。

バレエ特有の動きに対する専門治療(鍼灸・整体)をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番
【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)
土・祝10時~17時
【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容
ご感想
アクセス
院長プロフィール
※URLが日本語のため、一部機種によってリンクからページに跳べないことがあります。その場合はお手数ですが一度トップページへどうぞ

【電話】03-3457-6682

📩メールでの受付も行っています(24時間受付)

受付時間内は2時間以内に返信いたします。(時間外は翌営業日)
もし返信が届かない場合は、恐れ入りますがお電話いただけると助かります。

※具体的な症状(4番プリエで股関節が痛い、グランプリエで膝が痛い、アラベスクで腰に痛みが出る…など)を教えていただけるとより効果的な施術ができます。

東京都内(港区、大田区、新宿区、品川区、江東区、江戸川区、世田谷区、豊島区など)、神奈川県(藤沢市、金沢、鷺沼、溝の口など)、埼玉県(さいたま市、浦和、越谷、春日部)などからご来院いただいています。