平衡感覚を上げるツボ まとめ

踊りやすい体を作るための平衡感覚を上げるツボ・まとめ

こんにちは。島田です。
踊るときには、それぞれの筋肉をうまく使うことでパフォーマンスアップができます。

ただ、『必要な筋肉を鍛えればそれで踊りがうまくなるか』というと、そうでもないかもという実感がありませんか?バランスを保つのに使われてしまって、必要な動きに使えてないケースをよくみかけます。

そこで、今回は『筋肉を踊るために使えるように、平衡感覚を上げるツボ』を紹介します。
 

(1)ルルベアップしやすくするツボ【セルフケア向け】

以前紹介しました(レッスン前にさっとできる平衡感覚を上げるツボ)が、手のひら(指の腹)のツボを使って平衡感覚を上げるのが一番簡単です。
バレエで平衡感覚を上げるツボ
中指(付け根)-小指(真ん中)-人差し指(真ん中)の3つを合わせて1つのツボだと思って下さい。
このツボはさするくらいの刺激が一番効きます。押しても効きません(鍼をしても効きませんでした)。
刺激した後に10秒待つのがポイント。

足の甲の位置が一段高くなりますよ^^
セルフケアでやる分にはこれで十分だと思います。もっと細かいレベルで調整したい方には、次のような鍼治療をしています↓
 

(2)軸ブレ防止のツボ【治療・上級者向け】

ここからは鍼治療で使うツボです。軸の位置を調整するときに使います
これ、セルフではできません。というのも、このツボで重心軸を整えるには刺激の仕方にポイントがあるからです。少なくとも2人ペアで行う必要があります。

軸ブレ防止のツボ 重心軸の調整
■刺激方法
立った状態でこのツボを左右同時に刺激します。

■何が起こる?
体が揺れるように回転します(←体が軸を修正している反応です)
軸がズレてる位置を中心に回ります。腰→背中→肩甲骨の後ろ→首が一番多いパターンです。

きちんと整う頃には立ってる線が変わっていますよ^^
 

(3)滑らかな動きでより大きく踊るためのツボ【治療・上級者向け】

先ほどの軸ブレと合わせて、大きくしなやかに踊りたい方に使うツボです。

内側を使うツボ 大きく踊るツボ
このツボに鍼をして流れを調整すると、体の内側をより使えるようになります。
体の中心を使う感覚が出てくるので、手足の力が抜けて滑らかな動きができるんです
 

終わりに

ルルベするとき、片足立ちでポーズをとるとき、ジャンプするとき…平衡感覚を上げておくと余分な筋肉を使わずにすみます。
特に手のひらのツボ使う方法は簡単ですので、レッスン前にさっとやって、動きが軽い感覚を体感してみて下さい^^
 

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32