【症例】フェッテで膝が曲がる

こんにちは。島田です。

発表会を控えた方が多く、バレエ治療の内容もより細かいオーダーが増えてきました。

今回はフェッテの脚についてφ(. .  )

フェッテ(・アラベスク)で膝が曲がる

「フェッテするときに股関節がうまく使えなくて、途中でパッセになってしまう」とのこと。

股関節の検査をしたところ、やりづらい方の股関節が柔らかいことがわかりました。

「あ、これはもしかしたら」と思い、前タンジュを見せてもらいました。やはりフェッテでうまく股関節使えてない方の脚は、タンジュを脚だけでやっていました。←これが今回の症状の犯人

これ、原因は股関節ではなく腰(幹)です。

腰(体幹)がきちんと使えない▶バランスで余分に脚を使う▶フェッテで動く脚がまっすぐをキープできずに膝が曲がる

といった感じ。

IMG_4486

腰の鍼治療後もう一度タンジュしてもらったらすんなりできました^^もちろんフェッテも動き良くなりましたよ

片足の振りに対する体幹の影響って大きいです。片足がうまくいかない時は、腰に問題がないかチェックしてみた方が早いかも^^

バレエ特有の動きに対する専門治療(鍼灸・整体)をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番
【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)
土・祝10時~17時
【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容

ご感想

アクセス

院長プロフィール

※URLが日本語のため、一部機種によってリンクからページに跳べないことがあります。その場合はお手数ですが一度トップページへどうぞ

 

※具体的な症状(4番プリエで股関節が痛い、グランプリエで膝が痛い、アラベスクで腰に痛みが出る…など)を教えていただけるとより効果的な施術ができます。

東京都内(港区、大田区、新宿区、品川区、江東区、江戸川区、世田谷区、豊島区、中野区、中央区など)、神奈川県(藤沢市、金沢、鷺沼、溝の口など)、埼玉県(さいたま市、浦和、越谷、春日部)などからご来院いただいています。