【症例】グランバットマンで太もも痛い

こんにちは。島田です。

グランバットマンで太もも(ハムストリングス)が痛くなるときは、
・ハムストリングスそのものに問題があるケース
・別のところに問題があってハムストリングスがかばって痛いケース

があります。
後者の場合、原因解決せずにハムストリングスを緩めるとかえって痛みが増すこともあるので注意が必要です(-_-;)
今回の症例はまさにその後者のタイプでした。

症状

右側ハムストリングスが、

・グランバットマンで痛い
・ストレッチしても全然硬さがとれない

ということでした。

実はこの場合、痛みより、ストレッチしても硬さがとれないことのが問題です。
 

なぜ、ストレッチしてもハムストリングスの硬さがとれないか?

ストレッチをうまくできない方(初心者さんなど)の場合はうまく伸ばせてないのかな〜ってこともあります。が、今回の方は相当踊ってきている方でしたので、それはありません。

この場合、硬さがとれない原因は…

(ハムストリングスを硬くして)他の場所の故障をかばっているから

ということが多いです。
 

治療の要はまず体幹から

背中のズレからチェックしたところ、やはり疲労のたまりすぎで体幹が機能してませんでした^^;これではストレッチしても伸ばせません

まず背中のズレを修正。
背骨調整
立ってもらうと、それだけで右のバットマンはOKでした。
左の方は痛むとのこと。実は本当に痛いのは左のハムストリングスで、右はそれをかばって変な軸になって出ていた痛みだったんですね。

左のハムストリングスの痛みをとることで解決しました^^
 

まとめ

ついつい痛いところに注目してしまいますが、原因は別にあるケースって結構多いです。
ハムストリングスの痛みの場合、ストレッチして硬さが全然とれないときは要注意。別の故障が隠れているかもしれません。体の声に耳を傾けてみてください。

バレエ特有の動きに対する専門治療(鍼灸・整体)をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番
【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)
土・祝10時~17時
【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容

ご感想

アクセス

院長プロフィール

※URLが日本語のため、一部機種によってリンクからページに跳べないことがあります。その場合はお手数ですが一度トップページへどうぞ

 

※具体的な症状(4番プリエで股関節が痛い、グランプリエで膝が痛い、アラベスクで腰に痛みが出る…など)を教えていただけるとより効果的な施術ができます。

東京都内(港区、大田区、新宿区、品川区、江東区、江戸川区、世田谷区、豊島区など)、神奈川県(藤沢市、金沢、鷺沼、溝の口など)、埼玉県(さいたま市、浦和、越谷、春日部)などからご来院いただいています。