「肩回しすると股関節の動きが良くなる」の法則

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていて
股関節が硬いのはしょうがない…
開脚がもっとできれば…
ターンアウトが開かない…
という悩みありませんか?

もし「YES」なら、今からお話する方法が役立つかもしれません。それは、

肩回しすると股関節の動きが良くなる

ということ。「え?肩と股関節ってだいぶ遠いけど^^;」と思ったあなた。これを覚えておくと、今後のバレエ生活でパフォーマンスアップに便利です。それは、

肩と股関節は連動する

ということです。股関節が硬いときは肩も問題があることが多いです。その逆も然り。肩と股関節はリンクしてるんです。例えば、肩こりがひどいと股関節の動きの悪さにもつながってしまいます。

肩こり持ちで、

  • プリエで腰が落ちる
  • ターンアウトが開かない

というときは、肩を楽にしてあげるだけで改善することがあるんですね。

具体的にはどうするか?それはその人に合った方向に肩を回すだけです。

人によって回す方向にタイプがある

肩回しの方向は、『内回りが良いタイプ』と、『外回りが良いタイプ』があります。これはその人によってタイプが決まってます。自分のタイプに合った方向で回してあげることで股関節が使いやすくなるんです。

内回りの場合は、水泳のバタフライのような回し方。外回りの場合は、背泳ぎのような回し方がオススメ。

開脚やターンアウトが苦手なら肩回しをしてみて

あなたがもし、「ターンアウト苦手だな〜」と思ってるなら肩回しをすると股関節開きやすくなりますよ^ ^

PS
自分はどっちのタイプかわからないという方は、このプログラムが役立つかも。肩の動きと股関節、両方アプローチできますよ。
バレエの動き改善プログラム