アラベスクで腰が痛いときにチェックすべき3つのポイント

こんにちは。島田です。

先生が厳しい教室では形を直すときにガッといくことがあります。愛のムチですね。「ここはこう!」的な感じで^^;でも、それで筋肉を痛めちゃうこともたま〜にあります。「アラベスクのポーズを先生にガッと直されたときに腰が痛くなった…」あなたは、そういう経験ありませんか?今回のお話はそんな人に役立つと思います。

痛い場所は腰。でも、これいわゆる腰痛と違いますよね。バレエの動きでやりづらいところがあって腰に負担がきているから痛いんです。『どの動きが腰の痛みの原因なのか』をチェックしてそこを直せば痛みはとれていきます。そこで、今日は
 

アラベスクで腰が痛いときにチェックすべき3つのポイント

 
を紹介します。自分の苦手な動きがあれば、アラベスクするときのチェックに使ってみてください。

(1)ターンアウトがきちんとできてない

ターンアウトがきちんとできてないと、股関節の動きが途中で止まります。そこから足を無理に上げようとすると、腰の筋肉が余分に頑張るので腰を痛めます。足の付け根を痛めやすいのもこのタイプが多いです。

(2)肋骨が上がってない

バレエは重力に逆らう運動です。そのためには肋骨の引き上げが大事なんですが、ここがうまくいかないと肩甲骨の重さを腰がダイレクトに受けます。さらにここから腰を反ろうとするとビシッと痛めます^^;これは普段デスクワークで肩こりがある人に多いです。

(3)肩甲骨が固まってる

肩甲骨が固まってると、そもそも腕伸ばせません。でも、頑張れば伸ばせるよと思うあなた。それは背中の筋肉(広背筋)を使って伸ばしているんです。つまり、肩甲骨が固まってると腕を伸ばすときに背中を痛めやすくなります。

 
アラベスクで腰が痛いな〜と思うときは、まずこの3つがOKかチェックしてみてください。
腰痛への影響度はターンアウト>肋骨>肩甲骨です。
あなたが腰痛持ちでなければ、この3つ大丈夫なら痛みは起きにくくなりますよ^^

 
PS
バレエって学ぶことが多すぎて、自分の体の使い方これで合ってる?と迷子になってるならこのプログラムがおススメです。痛みも取りながら、あなたにとって合った動かし方もレクチャーします。
バレエのための鍼灸整体