やっぱりバレエだね

こんにちは。島田です。

もうずいぶん前になりますが、肩の治療にいらっしゃった方がいました。肩が挙がらず2番ポジションの時点で痛いとのこと。

肩の治療を中心にやっていたのですが2回やっても芳しくない。肩自体は悪くなさそうなんですが、2番にしたときに痛みが出るようでした。もう少し探ってみると、意外な原因がありました…
 

原因は股関節のつまりだった

 
実は、その方、肩を痛める前に股関節の動きが悪くなっていました。以前お話した肩回しすると股関節の動きが改善するの法則の逆ですね。

股関節の動きがつまってて、ターンアウトがきちんとできません。なので、上体を支えるときに肩甲骨が使えず、腕の2番ポジションで肩が痛かったんです。

ターンアウトをしやすくして、腰を立ちやすくすることで一気に痛みがとれてきました。
 

やっぱりバレエだね

 
その方(バレエ教師)とお話して、「やっぱりバレエなんだね。」ということで落ち着きました。

つまり、「肩が痛い」「首が痛い」「足首が…」「足の付け根が…」って言っても、バレエで痛みがでることはバレエの動きに関係する治療が必要だってことなんですよね。

そこを無視して部分に注目しても、バレエとしてつなげたときに無理がでます。今回はまさにそんなケースでした。

痛みはあちこちにあっても、なんだかんだバレエの動きに関係している所から治していくのが一番。そのときの教訓が活きて、今ではバレエの動き中心に治療しています。あなたの痛みがなかなかとれないなら、一度バレエの動きで気になるところを見直してみる良いチャンスかも^^
 
 
PS
痛みをたどることで、どの動きが苦手なのか分かると、レッスンの精度も上がります。このプログラムが喜ばれるのもそんな理由です
バレエのための鍼灸整体