「肩甲骨をよせるとルルべが安定する」の法則

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていて

  • ルルべが安定しない…
  • 高く立とうとするとふくらはぎプルプルしちゃう…
  • もっとピシッと立ちたい…
  • という悩みありませんか?

    もし「YES」なら、今からお話する方法が役立つかもしれません。それは、

    肩甲骨をよせるとルルべが安定する

    ということ。「え?肩とつま先ってだいぶ遠いけど関係あるの?^^;」と思ったあなた。これを覚えておくと、今後のバレエ生活でパフォーマンスアップに便利です。それは、

    肩甲骨の位置で重心が変わる

    ということです。肩甲骨が直接重心に関係するわけじゃありません。でも、重心線にある肩関節(肩峰)は肩甲骨の位置に影響を受けます。

    ほとんどの人は、肩甲骨が外・上・前にズレてます。これが冒頭のお悩みにあった状態をつくるんです。特にデスクワークしてる人はもう…^^;肩下がらんでしょ

    肩こり持ちで、

  • ふくらはぎがプルプルしちゃう
  • つま先立ちは私の足の筋肉を太くするためにある
  • という方は、肩甲骨の位置を元に戻してあげるだけで改善することがあるんですね。

    具体的にはどうするか?それはその人に合った方向に肩を回すだけです。

    人によって回す方向にタイプがある

    肩回しの方向は、『内回りが良いタイプ』と、『外回りが良いタイプ』があります。これはその人によってタイプが決まってます。自分のタイプに合った方向で回してあげることで肩甲骨が中に入りやすくなるんです。

    内回りの場合は、水泳のバタフライのような回し方。外回りの場合は、背泳ぎのような回し方がオススメ。

    この方法、股関節の動き改善でもやりましたが、肩甲骨をよせるのにも使えます。むしろ、こっちのがよくわかるかも。

    ルルべが安定しないなら肩回しをしてみて

    あなたがもし、「ルルべアップふらつくな〜」と思ってるなら肩回しをすると肩甲骨も下げやすくなりますよ^ ^

    PS
    そもそも肩甲骨ガッチガチでうまく回せないんですけど(-。-;…というあなたは、このプログラムが役立つかも。
    バレエのための鍼灸整体プログラム