バレエ 足裏 柔らかくする

1日3分。簡単にできる足裏デザイン方法

こんにちは。島田です。

バレエを踊る時、足裏は

  • 甲を出す
  • バランスをとる

時に働きます。

でも、「使いすぎで固まって痛い(ーー;)」「ゴリゴリマッサージしても全然…」というあなた。

今日は踊る時に足裏を使いやすくするようにデザインする方法をお話します。
 

お灸で足裏デザイン

 
使うのは涌泉(ゆうせん)という足裏のツボ。足裏で足の指をグーにした時に一番凹むところです。

バレエ 足裏 お灸
治療院でやる時はひねるお灸を使います(9回据えます)。自分でやる時はせんねん灸でもいいです。据えるだけだから、3分かかりませんよ^^

このお灸を続けることで、アキレス腱の硬さが取れて足裏が使いやすくなります。やけどに注意してやってみてください。
 

積み重ねで効果の貯金

 
お灸は積み重ねなので、毎日続けることで効果がでてきます。

これを続けている方も「前よりつま先立ちが安定して、もう一段高くなった!」と喜んでくれましたよ^_^

1日3分でできる簡単な方法ですので、足裏を柔らかく使える安定したつま先を手に入れてください。

 
PS
足以外にも踊りやすい体にデザインするならこちらがお勧め。
バレエの動き改善プログラム