つま先立ちでグラグラする

ルルべ高くすると上半身グラグラする人の共通点

こんにちは。島田です。

  • つま先立ちで上半身がグラつく…
  • ルルべでまっすぐ立つのは修行です…
  • 上半身グラグラしないってあるんですか?…

あなたにはこんな経験がありませんか?

バレエで、つま先立ちをした時に上半身グラグラしちゃう人にはある共通点があります。

この共通点を直すことで、踊るときに腕のポジションが取りやすいだけでなく、バランスも取りやすくなります。気になるその共通点とは…
 

肩下げができてない

 
ということ。

ルルべで上半身グラグラしてる人は、ほぼほぼ肩が上がってます。

「いや、もうコレ何回、何百回と言われてるし…(ーー;)」と思ったあなた。言葉ではわかってても肩上がっちゃいませんか?

肩甲骨はバランスとる役割があります。

つまり肩が上がってると…
 

重心も上にいっちゃう

 
ということになるのです。
上に上がった重心を定めようとグラグラして頑張ってるわけです。

これは、デスクワークの人に特に多いです。デスクワークしてると肩甲骨は『外へ前へ移動』していきます。このままリセットしないと、肩甲骨周りがそこ固まってくるんですね。
 

外に開いた肩甲骨を内側へ持ってくる

 
固まった肩甲骨周りをリセット必要があります。

以前「肩回しすると股関節の動きが良くなるの法則」でもお話しましたが、自分のタイプにあった方向で肩を回すのがお勧め。

肩甲骨がゴリゴリいいながら、内側へ戻ってきますよ^_^
 

肩下げには背中も使います

 
広背筋は背中から腕までつながってる大きい筋肉です。腕を広げてキープする時も使うところです。

外に開いた肩甲骨を肩回しでリセットしたら、この筋肉も使いながら肩下げしていきます。

バランスはバレエの命。軽い肩でルルべもジャンプも高く上がってみてください^_^

 
PS
それでもバランス取りにくいなら、このコースがお勧め。今回お話したルルべ高くする方法も無料でレクチャーしています
踊る人のための鍼灸整体