片足立ちで内もも意識しやすくするツボレシピ

こんにちは。島田です。

あなたはこんな経験ありませんか?

『ターンアウトで、外に開くのはいいんだけど力が入らない』
『片足で立つと、左右どっちかグラつく』

これは、内ももが上手く使えてないために、骨盤と太もものつながりが弱いことが原因です。

知ってる、先生からもう何回も言われてるけど感覚がつかめない(-_-;)」というあなたは、今日お話する内容が役立つと思います。

なぜなら、ズバリ、内ももを意識しやすくするツボのレシピだからです。
 

内ももを意識しやすくするツボのレシピ

バレエ 内もも 使い方
太谿は足腰の強化、内ももの強化
通里は内ももに力を入れやすくします(股関節閉じる動きの強化)

このツボの組み合わせで鍼をすると、内ももに力入れやすくなります。その場で片足立ちしてパッセやアラベスクしてもらうんですが、やる前よりスッと立てるので「何で?不思議すぎる〜」という感想が多いです。内ももに対して手首と足首からのアプローチですからね^^;

ちなみに踊ってみた感想で一番多いのは…

「ピルエットが回りやすくなった」

です。

もしあなたが、内ももに力が入らなくて困ってるならこのツボ覚えておくと片足立ちしやすくなるので便利ですよ。

 
PS
どうも左右の足で軸ブレがあるな〜…内ももに力入んないな〜と思ったらこのコースがお勧め。内ももがしっかり入るようになりますよ^^

片足立ちで、ちゃんと内もも意識したい!