バレエ 外側の筋肉 内側意識

バレエで外側使っちゃってる人向け、内側を意識できる鍼

こんにちは。島田です。

  • 外側ばっかり使っちゃうな…
  • 内側使いたいけど外側がでしゃばって上手く使えないな…
  • 踊った後に外側の太ももが痛い…

 
あなたは、こんな経験ありませんか?
だいぶ具体的なシーンを例えにしてますが、結構多いんじゃないかな〜と思います。

なぜならよくみるケースだから^^;

先日も、大人バレエの方で

「外側使わないように意識してるけど踊ってるうちに(その意識が)消えてるw」
「ターンアウトするときにお尻で引っかかる気がする」

ということで、【内側を前に持ってくる感覚を意識できる鍼】をしました。

使ったツボは先日「片足立ちで内もも意識しやすくするツボレシピ」でお話ししたこのペア。
バレエ 外側の筋肉 内側

ここに鍼した状態でターンアウトしてもらうと、内側に力入れやすくなるんですね。その状態で実際に動かしてもらって「あ、こんな感じなんだ」っていうのを実感してもらってます。
言葉でいくら「内側意識して」って言っても感覚的にどういうのかわからないとやりようがありませんから。『こんな感じ』って体感してもらった方が早いです。

腰からつながってターンアウトがしやすくなります^^タンジュするときにももちろん使えますよ。

ちなみに、普段意識するといいのが
腰から股関節内側につながってる部分
恥骨から内もも通って膝の内側
です。ここ意識すると内側使いやすくなります。

バレエで足をたくましくしていきたいなら無理には勧めませんが、足を細く使いたいなら覚えておくと役立つかも^^

PS
外側の筋肉を使うクセはけっこう頑固です。内側をどうしても意識できないなら、1回内側使う感覚を体験してみた方がいいかも。

内側使いやすくしたい人は…