後ろのカンブレ

後ろのカンブレでお腹から曲がっちゃう…

こんにちは。島田です。

先日、治療にきたダンサーさん「今日は上半身を整えたい」とのこと。
理由を聞くと、「背中が硬くて、カンブレがお腹から曲がっちゃう」とのこと。

カンブレを見せてもらうと、確かにお腹から曲がってます。でもむしろ…

ーーーーーーー

「胸から曲げなさいって言われるんだけど、どうしてもお腹から曲がっちゃう」

あなたはこんなことありませんか?

そして、胸椎が固くてお腹から曲がっちゃうんじゃないかと思ってませんか?

でも、実は原因は背骨の硬さだけではありません。今回も問題は背中ではなく他にありました
あなたが後ろのカンブレでうまくいかないな〜と思ってるなら、役立つヒントがあるかも。

↓ ↓ ↓
 

後ろのカンブレに必要なこと

 
カンブレは「アーチ型にする」ってことで、前だったり、後ろだったり回しながらやってみたりとパターンがいくつかあります。

後ろのカンブレは後ろへのアーチです。

①息を吸う(胸を持ち上げるため)

②頭と首から曲げる(肩甲骨はコントロールしたまま)

③胸椎の上から順番に後ろへ曲げていくちなみに、このとき、脚(下半身)は床と平行です。
ポイントは、重心を前にしないこと。

うまくいかないときは、↑これらのどこかに問題があるわけです。
 

さて、今回の問題は…

 
胸が固いせい…ではなく、内ももに力入ってなかったせいで下半身が水平になってなかったことが原因でした。
 
 
脚が水平にキープできない

重心が前にきちゃう

(重心をとるために)胸が曲げられずお腹から曲がっちゃってた
 
 
なので骨盤と足の位置調整をしたらすぐに胸から曲がりましたよ^^ちなみに内ももに力が入ることは、5番ポジションに入れやすくしたり、片足でバランスとるときにも効果的なので一度で二度おいしい感じになりました。

カンブレでお腹から曲がっちゃうなら、まずは脚がきちんと床と平行か、チェックしてみてください。あっさり直るかもしれませんよ^^
 
 
PS
もし、あなたが自分で問題点がわかっててもなかなか直せないな〜と思ってるなら、これが役立つかも。自分の努力とは関係ないところで良くなることもけっこうあります

バレエのための鍼灸整体