ポワント立つ時に骨盤が大事な理由

ポワント立ちやすくするのに骨盤が大事な理由

こんにちは。島田です。

私はポワント立ちやすくする(お腹から足を使えるようにする)ために骨盤を調整するツボを使います。

ここに鍼をすると、甲だしやつま先立ちをするときに、ふくらはぎが足裏に余計な力を使わなくなるでポワントで立ちやすくなるんです。

先日、治療家向けの勉強会でこの話をしていたら、学生さんから「何でポワント立つ時に足じゃなくて骨盤を調整するの?」という質問が出ました。

もっともな疑問です。いろいろと説明あるんですが、これはやってみればすぐ分かるのでその場でやらせてみました。
 

骨盤つかんでつま先立ちチェック

 
簡単なのであなたもやってみてください。その場でつま先立ちをするだけです。(※安全な所でお願いします)

①普通につま先立ち
②骨盤を後に傾けて(タックイン)つま先立ち
③骨盤を前に傾けて(出っ尻(つま先立ち

①はともかく、②・③でつま先立ちできましたか?

…ですよね^^;これはふくらはぎへの拷問にしかなりません。骨盤(周りの)の安定がないと、ズレた重心を足で支えるのでつま先立ちが大変になるんです。

なので、ポワント立ちやすくする時はお腹から足を使えるように、骨盤調整のツボを使います。

あなたがバレエで足をたくましくしたいなら別ですが、そうでないなら、お腹から引き上げて立てるようにすることがポワントで立ちやすくなるコツですよ^ ^
 
 
PS.
「それでも私のふくらはぎは頑固なの」というあなたにはこのコースがオススメ。ふくらはぎを黙らせるようにしていきます

バレエのための鍼灸整体