バレエでかかとを前に出したいときは〇〇で床を押します

こんにちは。島田です。

5番で立ったときに、かかとが前にこない^^;」
あなたはこんな↑悩みありませんか?

「かかと前!かかと前!」って先生に言われるので“かかと”を前にだそうとします。

でも、かかとをいくら前に出そうと思ってもビクともしません。(かかとに運動神経いってないからね^^;)

では、どこを意識して使えばかかとが前に出るのか?ポイントは、
 

内ももの使い方

 
↑コレです。

かかとを前に出したい時は、内ももから床を押すようにすると、かかとが前に出てきます。
内ももが使えてるかどうかは、
 

ターンアウトで床が押せるか

 
を基準にしてください。
ターンアウトしたときに、グラグラして床が押せないときは外ももでターンアウトしています。グラグラするのは、体重が小指側にかかって重心が後ろにいっちゃうからです。

ターンアウトしたときに、内ももが使えていると、足裏全体を使って床が押せるので安定します。この状態ができてると、自然にかかとが前にでてきます。
 

かかと前 ← 内ももで床を押す

 
かかとを前に出したいときは、内もも使って床を押すようにしてみてください。
ターンアウトがまだ内もも使ってできてないな〜と思ったら…まずは内もも使ったターンアウトからチャレンジしてみてください。その方が近道です。

PS.
ちなみに、これができると5番で立ちやすくなるので、シソンヌ・フェルメなどの動きも入りやすくなりますよ^^

PPS.
言葉や文字ではわかってるけど、どんな感覚なのかわからない…という方にはこちらをお勧めしています。バレエを1mmでも上手く踊りたい方のみ、お申し込みください。


バレエの鍼灸整体の詳細はこちら