パッセ 軸足

パッセで軸足がブレるならココに注目!

こんにちは。島田です。

パッセやアラセゴンドで軸足がブレる

あなたはこの時どんな原因を考えますか?

「軸足がしっかりしてないから?」
「足首固いせい?」
「股関節固いから?」

どれもあるかもしれません。でももっと大きく影響してるところがあるんです。

それは…大腰筋(だいようきん)。
 

軸足キープと大腰筋

 
大腰筋は腰の奥にある筋肉で、腰椎から股関節の内側にくっつきます。骨盤から始まる腸骨筋(ちょうこつきん)と合わせて、腸腰筋(ちょうようきん)と言われることが多いですね。

足上げや股関節を前上げるときに使うこのインナーマッスル。もう1つの役割が軸足のキープです。
ここが弱いと軸足をキープできないので、動脚に引っ張られて斜めっちゃうんですね。
 
なぜここが弱るのか?原因には大きく2つあります。
 

大腰筋が弱る2大原因

 
①猫背
②骨盤寝かした悪い座り方

もうコレが圧倒的に多いです。ちなみにソファでくつろぐ座り方も②に入ります。

さて、

原因はわかった。じゃ、どうやってココを整えるのか?
なんですが、大腰筋は腰骨の前斜めにあるので、あなたがプロの施術者でもない限り、腰や背中を押しても届きません。そこで、今回は毎朝起きる前にできる簡単な調整法を紹介します。
 

簡単に大腰筋を整える方法

 
①仰向けで膝を立てます。
へその斜め上で硬い所を探してほぐします
③ほぐし方は7秒×3回です。
※膝を立てないと腹筋で止まってメインの大腰筋に届きません

プロが教えるツボの捉え方
寝起きに腰が痛い人は大腰筋に問題アリです。
毎朝ほぐして使いやすい状態をキープしてください。

軸足がブレるから足を一生懸命なんとかしようとしてうまくいかない場合は、腰を見直してみてください^^
 
 
PS.
大腰筋は、軸足のキープ以外にアンドゥオールの安定にも働きます。
きちんと整えて踊りに活かす方法を身につけるならこのコースがおススメ

バレエの鍼灸整体