バレエで肘が使いづらいときの3つのチェックポイント

こんにちは。島田です。

カンブレで肘の動きが変(手が長く使えない)
アンオーで肘がうまくいかない
アン・バンで肘が下がる

あなたは、こんな悩みありませんか?

こんなときにチェックしたいポイントが3つあります。

(1)肩甲骨の下が固い
(2)背中が固い
(3)みぞおち(肋骨周り)が固い

 
まず(1)について

肩甲骨の下側にある小円筋や大円筋は、肩甲骨を回転させるのに使います。この下が固いと肩甲骨の回転がうまくいかないので、腕を使うのに腕しか使えません。
手を長く使えなかったり、肘の可動域が狭くなります。

脇の下を手でギュッとはさんでみて痛い人は要注意です。

次に(2)について

これは特にカンブレで問題になります。背中が固いと反る動きがやりづらいので、変な力が入って肩甲骨が寄せられます。
これは、背中が固い状態で反ろうとすると首が危ないので肩甲骨を寄せて防御するため。
肩甲骨は首の防御に使ってるので、手を動かすためには使えません。(1)と同じように手を長く使えなくなります。
 

でも、、、多くの方に影響するのが(3)のみぞおちの固さです。

 
(3)みぞおちが固い
これは横隔膜が固くなってることが多いです。
横隔膜は呼吸のメインの筋肉。みぞおちのふちにドーム型にくっついてます。

この横隔膜。クセもので、疲労が溜まって使えないと色々なところに影響します。

肩が上がりやすくなる
呼吸で肋骨がきちんと使えないので、
肩で息をする→肩周りの筋肉が硬くなって力が入る→肩が下げづらくなる
という状態になりやすくなります。

肩甲骨周りが使いづらくなるため、腕の可動域が減って肘が使えないんですね。

出っ尻や、首が前になる原因にも
横隔膜は腰椎にもくっつきます。
横隔膜が固くなると、大腰筋というインナーマッスルが引っ張られて、
足の付け根が伸ばしにくくなる→出っ尻になるか首が前に出やすくなる
という状態にもなりやすくなります。

どちらも重心がズレるので、それを直すために肘が前にいきやすくなります。それで肘が使いづらくなるんですね。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

3つとも当てはまったあなたは要注意。あなたの肩甲骨はガチガチで、腕がそうとう使いづらいはずです^^;肘なんてもう、、、
肘が使いづらいときは、この3つに問題がないか確認してみると早く解決しますよ。
 
 
PS
横隔膜の矯正はこちらでもやってます。

http://www.senshinryochi.com/balletcare