ストレッチしても固さがとれない?

こんにちは。島田です。

ストレッチしても柔らかくならない

あなたはこんな不満ありませんか?

「ストレッチしても全然柔軟性が上がらない~_~;」と思うかもしれませんが、実は柔軟性には問題なかったりします。というかほとんどの場合、関節の可動域には問題ありません。

でも、ただがむしゃらにストレッチしても筋肉の硬さはとれません。
なぜでしょうか?
それにはこんな理由があります。
 

ストレッチしても筋肉が硬い理由の1つは筋肉のロック

 
筋肉は、余分な負荷がかかると関節や筋肉を守るために縮みます(硬くなります)。
これは体を壊さないための防御反応です。

・痛い所をかばって硬い
・これ以上動かすと体が危険

と体が判断した場合に起こります。
ストレッチしても筋肉が硬いままの場合は、このロックがかかってることが多いです。

 

その硬さ=あなたを守る反応

 
この状態でストレッチしても、ゆるむどころか、かえって硬くなります。筋肉からすれば、体を守るために硬くしてるわけです。それをゆるめようとされるんですから、反発したくなる気持ちもわかるのではないかと^^;

まずは、硬さを作ってる原因をとらないといけません。
・内臓疲労
・横隔膜が硬くて呼吸が浅い(酸素不足)
・どこか別の所が痛い
・疲れ

などなど…
ほぼ毎日練習してるなら、使った分に対する疲労がとりきれてないことが多いです。
 

本当に体が固いんでしょうか?

 
ストレッチしても硬さがとれないなら、循環を良くして疲れをしっかりとってみてください。
あなたは本当は体固いわけじゃないかもしれませんよ。
 
 
疲労をとって踊りを楽に