足首が固くて踊りづらいならココをほぐしましょう

こんにちは。島田です。

あなたは「足首が固くてポワントで立ちにくい」と思ったことありませんか?

先生に、「もっと足首柔らかければうまく踊れそうなのに…」と言われたことありませんか?

ポワントだけなら体幹や骨盤の傾きの方が大事だったりします。でも、たしかに足首が固いと踊るときのバランスや床を押す強さに影響します。アキレス腱も痛めやすいですし。ふくらはぎもガチガチになりやすいし^^;

そこで、そんなときに
私がお勧めする最初のステップはこれです:
 

「足裏のケアを
4層しっかり行う」

 
足裏のケアというと、もんだりスーパーボールでゴリゴリしたりっていうのが多いんじゃないかと思います。

足裏の筋肉は4層になっています。
いわゆる軽くもんだり、スーパーボールでゴリゴリするのでほぐれるのは1層、2層までです。けっこうやったつもりでも3層、4層の深い部分はなかなかほぐれてません。

そして、この奥の方の筋肉が足首の固さや膝の疲れにも影響しています。ここをきちんとほぐすことでアキレス腱が痛む回数も減りますし、膝まで軽くなったりするんですね。
 

簡単な方法ならコレがお勧め

 

スーパーボールに足を乗せてゆっくり体重をかける

 
乗るのは土踏まずの少し後ろです。
いきなりグッと踏むと、防御反応が起こって筋肉が固くなるので奥までほぐせません。体重をゆっくりかけていくと、徐々に奥の筋肉まで届きます。
足裏の奥をほぐすきちんとできてると、足首の上や膝裏までひびくことが多いです。足裏にきているうちはまだ届いてないと思ってください。

 
足首が固くて使いづらいな〜と思ったら、足裏のケアが奥まできちんとできてるか、確かめてみてください。
足、軽くなりますよ^^
 
バレエで足首が固いなら