バレエで足の付け根が痛い隠れた原因

こんにちは。島田です。

あなたは、足の付け根が痛くて踊りづらいなと思うことありませんか?

足の付け根の痛みの直接的な原因は大腰筋(だいようきん)という腰のインナーマッスルであることがほとんどですが、実は隠れた原因があります。それは…
 

足の親指〜土踏まずの疲れ

 
です。
体重を足に乗せるとき、大腿骨(太ももの骨)→脛骨(べんけいの骨)→土踏まずにかかります。こうするとスムーズに体重が乗るので、痛みはあまり出ません。

バレエの場合、ルルベアップをしますが、このとき親指がしっかり床をつかめていないと、体重を足に乗せきることができません。その分、膝や股関節の内側(足の付け根)の負担が増えます

これは、特に外反母趾の痛みがある場合に起こりやすいです。無意識に親指を使わないように体重を逃がすので、土踏まずに体重が乗りません。足の付け根が痛いか、小指重心で太ももやお尻の外側がめっちゃ疲れやすいです
 

親指の状態チェック

 
□足をグッとつかむとつりそうになる
□外反母趾があって力強くつかめない
□左右で足のつかみ具合に差がある

いくつ当てはまりましたか?
3つとも当てはまった方は要注意。足の付け根に負担がきている可能性アリです。
 

レッスン前は親指をほぐしましょう

 
もんでもいいですが、親指の関節を手でしっかり動かして可動域を増やしてあげるとグッとつかみやすくなります。

足の付け根が痛いな〜と思ったら、親指をしっかりつかめるようにほぐすだけでも内側の痛みが減ってきますよ^^
足の付け根が痛いのを楽にする