バレエ かかと 痛い

ルルベで踵(内くるぶし)が痛い原因

こんにちは。島田です。

あなたはこんな悩みがありませんか?

・ルルベアップすると踵(かかと)やアキレス腱が痛い
・タンジュでかかとの内側に痛みが出る
・タンジュすると、内くるぶしのあたりでパキパキ音が鳴る

これらに共通する原因があります。それは…
 

足の指の腱鞘炎(長母趾屈筋腱炎)です。

 
足の親指をグッとつかむ筋肉の腱は、内くるぶしとアキレス腱の間を通ります。

ここを使い過ぎると、いわゆる腱鞘炎のようになり、足の親指にグッと力をいれるときに引っかかるようになります(パキパキ鳴る)。さらに、疲労がとりきれずに使ってるとこすれて炎症が起こるので痛みが出ます×_×;
バレエ かかと 痛い
 

なぜココが痛くなっちゃうんでしょう?

 
その理由は足の指を丸めて使うクセにあります。
足の指を丸めて使うと、ルルベアップするときに
・体重を乗せる
・足のゆびをつかむ
2つの作業をしないといけないので負担が倍かかります。

先生から
「足の甲を出して」
「足の指を伸ばして使いなさい」
というアドバイスをされるのは、このためです。
 

解決策は足の甲をしっかりだすこと

 
足の指を丸めて使うクセがあると、ポワントでの負担が強いため、長く練習できません。
クセになってるとその矯正には時間がかかると思います。でも、時間がかかっても、甲をしっかり出して指を伸ばして使えるようになるのはやる価値があります。

内くるぶしやかかとの痛みを減らすためにも、お腹から足を使って、ふくらはぎの負担を減らしながら甲を出すようにしてみてください^^

バレエ 甲だし