甲だしで親指がつる人向けの対策とツボ

こんにちは。島田です。

甲を出そうとすると親指や土踏まずがつる

あなたはこんな経験ありませんか?

そして、一生懸命やろうとすればするほど、足がつって痛い(×_×;)ということありませんか?

バレエ治療で多くの方を診てきたなかで、甲だしをして親指や土踏まずがつる人には、ある共通点がありました。

それは、

そもそも伸ばす位置がズレてる

ということ。力を入れる位置、伸びを感じる位置がズレていました。

指だけ伸ばそうと足に力が入り過ぎて親指や土踏まずがつっていたんですね。
それじゃ、力入れずにどこ伸ばすんだと思うかもしれません。
 

甲出しで足がつらない人の共通点

 
実は、甲出しで足がつることなく伸ばせる人にも共通点があります。
甲だしをするときは、ココに伸びを感じると足がつりにくくなって、ルルベアップでも足が安定します。それは…
 

足首の前(くるぶしの高さ)、足の甲です

 
甲だし整体や鍼をするときに、バレエ教師や上級者からリクエストが多いのがこの位置を伸びるようにすることです。

足の構造上、この位置が伸びてると足首がカッチリはまるので体重を乗せやすくなって安定します。指の負担も少ないので、カギ爪になる心配も減ります。
 

土踏まずや親指をつりにくくするツボ

 
そうは言っても、足の甲伸ばせっていって伸ばせたら苦労しないですよね?なので、そんなあなたにピッタリのツボを紹介します。
甲だし つる ツボ
血海のツボは膝のお皿(内側)から指3本分上にあります。押しながら甲だしのストレッチをすると、つりにくくて伸びを感じやすいですよ。
 

まとめ

 
・甲を出すときは足の甲に伸びを感じるか確認する
・それでもつるときはツボ押ししながらストレッチしてみる

甲だしするとどうも足がつっちゃうなという場合は、伸びを感じる位置が間違ってないか意識してみてください。指もつらないし、ルルベも安定しますよ^^

バレエ 甲だし