バレエ 腕を背中から使う ストレッチポール

たった5分で腕を背中から使うストレッチポール活用法

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていてこんな場面に遭遇したことありますか?

⬜︎アンナバンが上にきちゃう
⬜︎ピケターンで肩が前にきちゃう
⬜︎アンオーや腕の2番ポジションで肩が上がっちゃう

これらの共通点は腕が背中から使えてないことです。「手を遠く出すために腕は背中から使って!」というアドバイス、人によってはもう100回くらい聞いたかもしれませんね^^;

でも腕をなんとかしようと思ってもどうにもなりませんよね?これは背中のある部分が凝り固まって肩の動きを制限してるからです。背中のその部分をほぐさないといけません。

そこで今日は手が背中から使えないときにほぐすポイントと、簡単にできるやり方を紹介します。
 

手が遠くに出せないときにほぐすのはココ

 
バレエ 腕 背中から使う

だいたい、肩甲骨の高さくらい〜背中の下までにモコっと凝ってる部分があります。利き手側に多いです。この辺が凝ってると肩の動きで背中が使えないので、手を長く使おうとすると、肩が上がります^^;

腕を背中から使うためには、ココをほぐさないといけないんですね。
 

手を背中から使うためのストレッチポール活用法

 
①ストレッチポールに乗る

できれば縦がいいです。肩が痛い人はポールを横にしてほぐしたい部分をストレッチポールに乗せてください


②手を上に伸ばす+体を揺らす

多分、ここで右と左に差があると思います。背中から使えてない方は伸ばしにくいです。
この状態で体を揺らします。1分もあれば十分です。もう一度手を伸ばすと、やる前よりも左右差がなくなってます。


③手を横に伸ばす+体を揺らす

腕の2番ポジションのように手を横に伸ばします。手はダラっと力抜いていいです。
またこの状態で体を揺らします。これも1分あれば十分です。やる前よりも手が横に伸ばしやすくなってます。


④2セットやる

②と③を2回繰り返します。5分くらいで腕から背中を使えるようになってるはずです。コリが強い人は、毎日やってください。わりとすぐに肩が上がらなくなってきます。

 

腕よりも背中と胸が使えてるか意識する

 
腕を背中から使ってというと、「腕を」なんとかしようとしがちです。

でも、やってみるとわかると思いますが、背中をきちんとした方法でほぐすだけで肩が下がりやすくなって、腕が使いやすくなります。背中や胸などの体幹が使えれば、腕は自然と遠くに伸ばして使えるんですね。腕のポジションで「どうしても肩が上がるな〜」「回りもので肩が前くるな〜」と思うときは、体幹を意識すると良くなりますよ^^まず背中から

バレエ 肩に力が入る