バレエ アンオー 肩が上がる

アンオーで肩が上がる意外な原因(※上半身ではありません)

こんにちは。島田です。

「肩が下がらない…。」
「特にアンオーで肩が上がりやすい…。」
「バレエのレッスンで、腕が・・・たくましく・・・なっていく(゚д゚;)……ゥ」

なんて思ったことありますよね?肩を下げようとすると力が入ってかえって上がっちゃう…という悲しい経験もあると思います。

これは背中が使えてないサインです。ほとんどの人は普段の仕事で背中(肩甲骨の間)を酷使するので、ここが疲れて腕を支えきれずに肩が下げられません。この場合は背中を整えれば解決します。

でも、この背中が使えない原因にはもう1つあります。それは…
 

床が押せてない

 
ということ。実は、アンオーで肩が上がりやすい人は床もきちんと押せてないことが多いです。以前にお話した通り、手が上に伸びないのは足の問題です(腕が伸びない…アンオーなら足の問題、2番ポジションなら手の問題)。

アンオーで肩が上がる

背伸びをするとイメージしやすい

 
背伸びするときを思い出してみてください。上下に伸ばした方が手も足もよく伸びるのがわかると思います。

これと同じ感覚で床をきちんと押した方が、背中が使いやすく腕が楽に伸びるので肩が上がりません。
 

床を押せると肩も下がりやすくなる

 
あなたがアンオーするときに、どうしても肩が下げられないなら…一度肩のことは忘れて床を押すことに集中してみてください。床がきちんと押せてると、そんなに肩に力いれなくても腕が上がるのがわかると思います。そうすれば肩は下がっているはずです。

バレエの踊り全般のレベルも上がって一石二鳥ですよ^^