ハムストリングスが硬い意外な原因

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんな経験ありませんか?

「バーに足をかけてストレッチするときに、ハムストリングスが硬くて皆みたいに体が折れない…」
「一生懸命にストレッチしてもハムストリングスがゆるまない…」

単純なストレッチ不足のこともあります^^;2〜3分じゃ難しいですよ。
でも、実は意外なところが問題でハムストリングスが硬いことがあります。それは…足首の外側。
 

外くるぶしの下の疲労→ハムストリングスの硬さ?

 
外くるぶしの下に疲労が溜まって足首の動きが悪くなると、その防御反応でハムストリングスが硬くなります。
この場合、ハムストリングスの筋肉自体はゆるんでも、使うときになると足首が危ないのでガッチリ固まっちゃうんですね。

対応する部分はこんな感じ
バレエ ハムストリングス 硬い
①外くるぶしの真下
ハムストリングスの真ん中くらいが硬いときはここに問題ありです。

②外くるぶしの斜め前
ハムストリングスでも、より膝に近い部分が硬いときには、外くるぶしの前が痛いかむくんでたりします。

③外くるぶしの斜め後ろ(かかとの上)
外側〜横のハムストリングスが硬いときは、外くるぶしの後ろ(かかとの上)に問題ありのサインです。
 

ハムストリングスが硬いなら、外くるぶしをほぐしながらストレッチしましょう

 
長座でハムストリングスのストレッチをするときに、外くるぶしの下をほぐしながらやるのがオススメ。毎日続けることでハムストリングスの硬さがとれてきますよ^^

P.S.
ちなみに、硬さが全然とれないときはハムストリングスには問題がなくて、どこかをかばって硬くしていることがあります。(猫背、ひどいタックイン、背中の疲労など)その場合は、そっちをゆるめないとハムストリングスはゆるみません。

バレエ 整体