ターンアウト 練習法

ターンアウトをレベルアップさせる練習法①

ターンアウト、股関節から開きたいけどなかなか上手くできない…。
当院でもそんな悩みの方をよくみます。

バレエを踊るときに股関節からターンアウトするのは必須…なんですが、なかなか感覚つかみにくいですよね^^;

そこで、今回はターンアウトを股関節で開きやすくする練習法を紹介します。
 

ターンアウトレベルアップ法第1

 
この練習方法は仰向けで行います。

①仰向けでターンアウトする

まず仰向けでターンアウトします。自分がどのくらい開けてるか、足が開きにくい方はどっちか、確認します。開きにくいからスタートします。
 
 
②片足だけカエル足をする

開きにくい足でカエル足をします。股関節や膝がきつかったらドゥミプリエでいいです。
 
 
③床を押すようにかかとを押し出す

仰向けなのでエアーになりますが、カエル足の状態から、床を押すように脚を伸ばします。そうすると、①の姿勢にもどるはずです。
 
 
④3回繰り返す

②、③を3回繰り返します。ちゃんとできてれば、これだけでターンアウトするときに股関節が開きやすくなってるはずです。
 
 
⑤反対の足も同じようにする

片足だけ股関節開きやすくしちゃうとバランスが悪いので、反対の足も必ずやってください。
 

このターンアウトレベルアップ法第1でできること

 
これがきちんとできてると、

・お腹に力が入りやすい
・股関節からターンアウトしやすい

感じになっていいきます。仰向けでやるので、プリエで膝を痛めやすい人は特にオススメです。

ターンアウトを股関節から開きたい人はぜひ^^
 
 
PS.
本当は写真や動画でお伝えした方がわかりやすいんですけどね〜^^;人手不足で

施術を受けに来た方は自分で動画や写真を撮りながら受ける人も多いです。