バレエ 脇

バレエで脇が使えない意外な原因

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんな注意を受けたことがありませんか?
「脇が使えてない!」
「腕だけで動かしてるからもっと背中(脇)使って」

脇が使えない原因のメインは肩甲骨や背中です。でも、他にも意外なところに原因があったりします。それは…足の疲れです。
 

足の疲れ→脇の引っかかり

 
アンオーなど、手を上に上げる動きで脇がひっかかる場合は足の疲れが原因のことが多いです。

特に小指や薬指側に疲労が溜まってると、連動で脇が伸びづらくなって引っかかります。
この辺(足の甲で水かきの間)押してみてください。多分まぁまぁ痛いはずです。
バレエ 脇 使えない

これは、体重が外側にかかってきているサイン。小指側に体重が乗ることでこの辺が疲れてるんですね。

もしあなたが、
・外側体重になりやすい

・かま足になりやすい
と思っているなら、この部分とスネの外側をほぐしてみてください。脇の引っかかりがとれて使いやすいはずです。

脇が引っかかるのは、床が押せてない分のバランスをとるために上半身(脇)を固めて使っているからです。つまり床が押せると脇も使いやすくなります。

 

床を押せるようになる≒脇の引っかかり解消

 
床が押せるとバランスが安定します。バランスをとるために固めて使っていた脇は、腕を支えることに集中できるので動きやすくなるんですね。

ちなみに、床を押す感覚は、仰向けで壁を押す方が意識しやすいです。立ってやると、重力がかかるので押せてる気になりますが、実際は体重がかかってるだけで床を押せてるわけではありません。

もし
・脇が使いづらい
・腕の動きがぎこちなくてロボットみたいになっちゃう

なら床が押せてない可能性があります。

仰向けで壁を押しながら腕のポジション(アラスゴンドやアンオー)をとってみてください。きちんと押せるようになると腕が軽く使えますよ^^