バレエ 内もも

内ももを意識しやすくするコツ

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていてこんな悩みありませんか?
「ターンアウトするときに内ももが使えない…」
「そもそも内もも使ってる感覚がよくわからない…」

これらの悩みをもつ方に共通するのは、ターンアウトで開く練習しかしてないことです。これだと、お尻や太ももの外側ばかりを使うことになります。もともと内ももの役割は…
 

内ももの筋肉=閉じる筋肉

 
なので、内ももを使ったターンアウトに必要なのは、実は閉じることです。ターンインがきちんとできると、ターンアウトもしやすくなります。当院では仰向けでターンインをしてもらうことで、内もも使ったターンアウトをしやすくしてます。

「そうか!ターンインの練習すればいいんだ!」と思ったあなた。まだ、ターンインはしないでください^^;

この記事を読んでるあなたは、おそらく前ももをよく使うタイプです。今の状態でターンインをすると、内ももではなく前ももをよく使っちゃいます。そんなあなたでも、簡単に内ももを意識するコツがあります。
 

内ももを意識しやすくするターンインのコツ

 
この練習は仰向けで行います。タオルを1枚用意してください。やり方は次の3ステップです。

①両膝を立てる
②タオルを膝で挟む
③この状態でターンインする

こうすると、内ももに力が入ってるのがわかります。感覚的にわからない場合は、内ももを触って確認してください。
膝を立てる(曲げる)ことで前ももに力が入りにくくなります。内ももをより意識しやすくするんですね。
挟むタオルはだんだん薄くしてください。最終的にはティッシュを膝で挟むくらいまで薄くします。

これをやった後にターンアウトをしてみると、内もも使った感じがよくわかりますよ^^
内ももを使ったターンアウトのコツは、きちんと閉じられることです。内ももを意識できなければ一度閉じてみてください。
 
 
PS.
さらにレベルアップさせたいならこちらのコースがお勧めです。

http://www.senshinryochi.com/balletcare