バレエ 足裏 作る

バレエ用の足裏を作るタオルギャザーのコツ

こんにちは。島田です。

バレエで足裏鍛えるときに必ずでてくるのがタオルギャザー。タオルを足で引き寄せる運動です。

でも、
「一生懸命やってるけどなかなか足裏使えるようにならない…」
「やっぱりルルベで指や土踏まずがつる…」
と思ったことありませんか?

それは、もしかしたらやり方がズレてるのかもしれません。ちょっとした違いでも結果は大きく変わってきます。今回はそのコツをお話しします。
 

タオルギャザーって?

 
床に引いたタオルを足でつかんで引き寄せる運動です。バレエの足裏トレーニングでは欠かせません。

でも、ただタオルを引き寄せるだけだと、指の運動になって足裏を鍛えられません。コツがあるんですね。
 

コツはタオルを遠くから引き寄せること

 
タオルギャザーをするときに、そのままやろうとすると、指だけ使ってやってしまいます。少し遠くから引き寄せるようにタオルを掴むのがコツです。
遠くから足を引き寄せようとすると、足が一瞬浮くのがわかります。これで足全体で引き寄せることができるので、足裏もしっかり使ったタオルギャザーができるんですね。

ちなみに指だけでやってるときは足は浮きません。この差が、足裏鍛えられるか、指の運動になるかの差です。
 

ちょっとした差が大きな差になる

 
ほんのちょっとした差です。でも、このちょっとの差が積み重なって、ルルベの高さや足を高く上げる差になってきます。慣れないうちはしんどいと思いますが、そこを越えるとポワントも綺麗に決まりやすくなりますよ。^^