バレエ 上手

上手くなる近道

こんにちは。島田です。

先日あるダンサーの子を治療してたときの話。

「先生に注意されるんだけど、どう直していいかわからない」とのこと。
そこで、あるコツを伝えました。すると、サッと動くようになりました^^

あなたが『先生に注意されてもどう直していいかわからない』なら踊りを上手くする近道があります。それは…自分を思った通りに動かすことです。
 

自分の手の位置、わかる?

 
自分が手をどこに置いてるかなんてわかってると思いますよね?「そんなの当たり前」って。

ではちょっとテストしてみましょう。

これは鏡の前でやります。
目を閉じてください。目をつぶった状態で手を水平まで上げてみましょう。
水平だなと思う位置でキープしてください。

水平ですね?

では、目を開けてください。どっちの手も水平になってましたか?手の位置、水平だと思ってたけど、実際は左右で高さ違ったりしてません?
 

自分がイメージした通りに動くって実は難しい。

 
体にはあちこちにセンサーがあります。それが働くことで歩いたり、跳んだり、踊ったりできるんですね。
でも、普段はセンサーだけの情報だと危ないので、目を使ってセンサーの情報を微調整してます。

つまり、目で見えてないところの動きはこの微調整ができません。センサーの感度を良くしないと全然ズレてる方向に手足があったりするんですね。

もし、あなたが「先生に言われた通りにしてるはずなのになかなか上手くいかないな…」と思ったら、自分がイメージしてる通りに動けてない可能性があります。逆に、自分がイメージしている通りに動けると、修正が早いので踊りの上達はグンと上がります。

センサーの感度を上げる方法は簡単です。

目をつぶって手を水平だなと思う位置にキープする。
鏡で実際の位置をみて、ズレてれば水平になるまでそれを修正する。
これだけです。
 

あなたのセンサーは充分働いてますか?

 
もし、なかなか踊りが上手くいかないなら、自分は本当にイメージ通り動けてるのか?確認してみてください。上手くなるスピード、グンと上がりますよ^^
 
 
P.S.
イメージ通り動きやすくするツボを使って軸を整えたいなら、このコースの6回目から受けられます。

http://www.senshinryochi.com/balletcare