バレエ 足裏

たった1分で足裏使えてるかチェックする方法

こんにちは。島田です。

バレリーナとして、あなたはいつも『足裏をしっかり使って踊りたい』と思ってるでしょう。

でも、実際使ってるのは指…ってことありませんか?
・ルルベでふくらはぎがしんどい
・足がつる
・ポワントでグラグラする
などは、足裏ではなく指を使っているサインです。
 

「なぜ、頑張ってるのに指を使ってしまってるんだろう…?」

 
それは、どうなったら足裏を使えてるのか、わからないからです。

子供の場合は、なんとなく感覚で身についていきます。先生が感覚的に説明するのもそこが影響してます。でも、大人の場合、それはなかなか難しいです。使えてる基準が必要なんですね。
 

足裏使えてるかの基準は何で確認するの?

 
それは基本のルルベアップです。

ルルベはもともと足裏の強化法です。やればやるほど足裏を使うようになります。でも、それは足裏をきちんと使っていたときの話。指を丸める癖がある場合はふくらはぎの疲労と足がつる苦い経験しか残りません^^;

そこで、足裏強化法のタオルギャザーと合わせます。
足裏をきちんと使えるようにしてからルルベすれば、指で立つときとの違いがわかりやすいです。
 

足裏使えてるかチェックする方法

 
①1番でルルベアップしてみる
このときの足の感じ、安定感、ふくらはぎの状態を覚えててください。

②タオルギャザーをする
効果的なやり方は前回お話ししました。

③もう一度1番ルルベをする
タオルギャザーをした足の方が楽、あるいは高く立てていれば、足裏を使えています。『うーん』と思ったらタオルギャザーのやり方が間違っています。
 

さて、あなたはどうでしたか?

 

ちなみに、タオルギャザーするときにタオルだと簡単すぎるってこともありますよね。そんな場合はクイックルワイパー使ってください。難易度がグンと上がりますよ。

足裏使って立つと『今まで何だったんだ』と思うくらい高くなります。簡単な方法ですし、効果も証明済みなのでコツコツやってみてください^^