バレエ 引き上げ

脇をしぼって引き上げできない?

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんを治療したときの話。

「腹筋や脇をしぼって引き上げしようとすると、背中や胸のあたりで引っかかって上がりきらない」とのこと。

脇が使えない人の場合は、背中や脇を使いやすくすることで引き上げしやすくなります。が、この方の場合、背中や脇は使えていました。あばらも締められるので、今回のケースは問題は脇ではありません。

問題なのはココでした↓
バレエ 引き上げ
このあたりは普通にコッてる人います。あなたもそうかもしれませんね。この辺に問題があると、引き上げがしづらくなります。
 

なんでココに問題があると引き上げしづらいの?

 
引き上げをするときは仙骨を縦にします。ここが硬いと引っかかって仙骨を縦にしづらいんですね。

また、このあたりから後頭部までつながる背中の筋肉があります(脊柱起立筋・せきちゅうきりつきん)。背中を通してまっすぐにするにはここもきちんと動く必要があるんですね。

つまり、仙骨を縦にしづらくて背中が使いづらくなるのが引き上げしづらい原因です。

ちなみに、首の動きにも影響します。首の痛みの原因がココだった…なんてことはよくあります^^;
 

なので、この辺をほぐして使いやすくすると…

 
・仙骨が縦にしやすくなって引き上げしやすい
・背中全体が使いやすくなる
・首の動きも良くなる
・足上げるときにハムストリングスが引っかかるのもとれる

という嬉しい状態になります。
 

あなたの仙骨周りは大丈夫?

 
引き上げはバレエを踊る上で必須ですよね。

もし、仙骨周りが凝ってたり、腰の下に痛み・違和感があるなら、あなたは知らないうちに踊りづらい状態でレッスンに臨んでるかもしれません。

『なんか、引き上げできないな…』と思ったらチェックしてみては?