バレエ 足首 固い

それ、本当に足首の問題?

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて足首の硬さが気になる人は多いと思います。でも実は足首の問題じゃないことが結構あるんです。ちょっとチェックしてみましょう。

次の3つのうち、あなたはいくつ当てはまりますか?

□タオルギャザーやバンドをしっかりやってるのに全然甲が出ない
□ポワントで立つとふくらはぎがつらい
□足首硬くてルルベが低い

どうでしょう?
3つ当てはまった人は相当足首の硬さで悩んでそうですよね?

では次の3つのうち当てはまるものはありますか?

□ソファや床に座る生活
□デスクワークで猫背が気になる
□足組んで座ってる

1つでも当てはまっていたら、あなたの足首の硬さは足の問題ではない可能性があります。本当の原因は…
 

引き上げ不足

 
引き上げができてないと、重心が前後(出っ尻なら前へ、タックインなら後ろへ)にずれます。すると、体が重くて足に余分な負担がかかります。

特にトゥシューズを履いて立つ場合は影響大です。引き上げで骨盤を立てないと足首もしっかり立ちません。

「足首が硬くてルルベが低い…」という方で、実は引き上げ不足が原因だった…なんてケースはけっこうあります。

そして、この引き上げがしづらい状況を作るのが、日常の座り方なんです。
 

なぜ、ソファや猫背で足首が硬くなるの?

 
骨盤が寝た状態になるのが大きな理由です。猫背で背中が伸びにくくもなるので、引き上げで骨盤を立てようとしても、出っ尻かタックインになりやすくなります。

さらに、骨盤が寝た状態だと困った防御反応が起こります。足がむくみやすくなって、ふくらはぎやアキレス腱がデフォルトで硬くなります。それで足首の可動範囲が狭くなっちゃうんですね(足首が硬い)。

ソファは、座るときにお尻が沈み込むようにできています。なので、座っているだけで骨盤が寝た状態になります。床に座るのも同じで、骨盤を寝かさずに座るのはしんどいんですね。

猫背は骨盤が寝た状態になります。というか、骨盤立たせた状態で猫背してみてください・・・・・しんどくないですか^^;というか無理ですよね?

さらに、足を組むには骨盤が寝ないとできません。足を組んでる段階で必然的に骨盤は寝ています。
 

変なハンデ背負って踊っていませんか?

 
タオルギャザーやバンドで足を一生懸命鍛えているのにどうしても足首が硬いなら、引き上げできてるか確認してみてください。ルルベで体が重いなら、その足首の硬さは引き上げ不足が原因かもしれません。