バレエ 骨盤 歪み

バレエで気になる骨盤の歪みを修正するシンプルな方法

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていて、こんな風に気になったことありませんか?
 
 
「鏡で見ると骨盤の高さが左右で違う…」
「右足(左足)だけ重い…」
「左右で足の長さが違うんじゃないか…」
 
 
これらは骨盤の歪みがあるときによくみられる症状です。
実際、骨盤の歪みがバレエを踊りづらくするケースは結構あります。
でも、別に骨がゆがんでるわけじゃありませんよ。
悪い姿勢のせいで、骨が筋肉に引っ張られて歪んでるんです。

なぜ、骨盤が歪むのか?
原因はいろいろありますが、最も多いケースは座ってる姿勢です。
 

座り方≒骨盤の状態

 
骨盤が歪んでるほとんどの人で、右のお尻と左のお尻のつき具合に差があります。
どっちか浮いてて、どっちかに体重が乗ってるんですね。
あなたはまっすぐ座ってるつもりかもしれません。
でも、実際は左右どちらかのお尻(坐骨)は浮いてます。

浮いてる側は
腰の筋肉が短くなる→肩(肩甲骨)が下がる→首から肩の筋肉が引っ張られる→首こり、肩こり、首の動きが悪い…などなど

といった流れに悪くなるので、コリを感じる段階で、左右差が結構出てるはずです。
バレエでいうなら、

右だけ(左だけ)アラベスクで腰がつまる
右だけ(左だけ)腕が伸びない
右に(左に)回りづらい

という症状がでてくるんですね。

この歪みは座ってるときに左右のお尻の高さに差があることで起こります。
つまり、座ってるときの状態を改善することで、歪みも改善していきます。
でも、普段の座り方を意思で直すのは相当しんどいですよね。
そこで、今回は今すぐできる簡単な対策を紹介します。それは…
 

ハンカチを片方の坐骨にいれておく

 
これだけです。
たったこれだけですが、治療後のアドバイスでこれを実践してもらうと、その即効性に驚かれます。

浮いてる坐骨にハンカチを挟むことで、歪みの連鎖(腰の筋肉が短くなる→肩(肩甲骨)が下がる→首から肩の筋肉が引っ張られる→首こり、肩こり、首の動きが悪い…)を無くしていくんですね。
特に、普段デスクワークしているなど、バレエ以外に長い時間座らないといけない人にはオススメです。

方法はこの2ステップ。

①いつも通り座って首を回す
このときに、スムーズに回せてれば問題ありません。
スムーズじゃない人は、どこで引っかかるかチェックして覚えておいてください。
 
 
②片方の坐骨の下にハンカチを差し込む
左右どちらかの坐骨(ざこつ)の下にハンカチを敷いて座ってください。
もう一度首を回してみましょう。
ハンカチを坐骨に敷く前より、首が回りやすくなってればOKです。
日によって右のお尻だったり、左だったりします。
よりスムーズに首が回る方が正解です。
 
 
骨盤の高さを揃えると、右だけ(左だけ)やりづらいっていう症状がなくなっていきます。
座ってハンカチを入れるだけのシンプルな方法です。
ぜひ試してみてください^^