アンオーで肩を下げるときに意識するポイント

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんなケースありませんか?

アンオーしたときに肩が下がらない…
「アンオーで肩が上がる…」
「ルルベアップするときに、アンオーで腕の助けを使って引き上げようとしても、肩がつまってできない…」

結構あるあるなんですよ^^;
しかも、あるポイントがズレてるだけなので、そこを意識することで改善します。

こういうケースでチェックするポイントがあります。
それは…
 

腕をどこから使っていますか?

 
アンオーで肩が下がらないという人のほとんどはここから↓腕を使っています。

アンオー 肩下げ
「いやいや、腕はここからだし…」って思いますよね。
でもこれだと、上にあげていくときに、肩甲骨に腕の骨が引っかかって上げづらいです。
じゃあどこから使えば良いのか?

アンオーにするとき、腕はここから↓使います。

アンオー 肩を下げる
「え?腰?」って思いました?
それはこんな理由があるからです。
 

肩の筋肉の1つは腰につながってる

 
ここは肩の筋肉のうちの1つ、広背筋(こうはいきん)のスタートなんですね。
ずいぶん離れてるんですけど、腰からスタートして肩の前までつながります。
広背筋を使わずに腕を上げようとすると、腕の引き下げができずに腕の骨と肩甲骨との間にスペースがなくなります。

つまり、肩甲骨がジャマして腕が途中で引っかかるんです。
これが肩が下がらない原因です。
 

アンオーで肩を下げるときのポイント

 
ということで、腰のこの辺を意識しながらアンオーで腕を伸ばすと肩は下がります。

アンオー 肩を下げる
あなたが肩を下げるのが苦手なタイプなら、早速使ってみてください^^