バレエ 上手くなる

バレエ上手くなってるか確認する方法

こんにちは。島田です。

毎回、メルマガ限定でブログの補足をしてます。

先日、メルマガで送った内容が好評だったので、ブログでもシェアしたいと思います。
2日分なんで、ちょっと長めですが…
 

−−−−−

【メルマガ限定】ブログの補足

こんにちは。島田です。

先日、
【バレエが上手くなってるサイン】
というお話をしました。
 
 
まだ読んでなかったらこちら↓
https://balletdancersenshin.net/2016/08/01/ballet-improvement/
先生から注意を受けるポイントが変わってきたら
次のステージに進んだサインです。

なので、
「いつまでたっても注意されるな…」
って、ダメージを受けずに自信持ってレッスン受けてください。
 
 
でも、ずっと言われてるのはしんどいから
「自分でわかる方法はないの?」って思いますよね?
 
 
一応あります。
 
 
ただ、これは自分を客観的に受け止める必要があります。
なので、最初はつらいかもしれません^^;
方法は簡単。
 

【バーレッスンの動画を撮っておくこと】

 

撮るのは3ヶ月ごとがオススメ。
きちんとレッスン受けてれば違いがハッキリでます。
フロアは、直したい部分がアバウトだったり、振り付けによって違ったり、新しいことが増えたりするので、あまり参考になりません。
 
 
フロアで同じところが問題になる場合は、バーレッスンに問題があります
 
 
【なぜバーレッスンの動画がいいか?】
理由は2つあります。
 
 
①直す部分が目で見てわかる
1つは、自分の姿を客観的にみて確認できるからです。

意外かもしれませんが、よほど運動感覚の優れたタイプでない限り、アラベスクで足が30cm上がっても本人はわかりません^^;

「なんとなくやりやすいかな〜」
程度にしか感じることができないんですね。
これは、全国レベルのコンクールにでる子もそうです。

でも、動画撮っておけば30cmは『見て』わかります。
 
 
なんとなく上がりやすい vs 30cm上がった
 
 
上手くなってるかわかりやすいのは、おそらく後者でしょう。

当院では同伴者がいる場合は施術内容や施術前後を動画で撮ってもらってます。
その方がわかりやすいから。

これが1つ目の理由です。
 
 
②改善スピードが上がる
そして、もう1つの理由は、上手くなるスピードが速くなるから。
 
脳は具体的な情報が好きです。
逆に、直したいところがアバウトだと、どう直していいのかわからないんですね。
例えば、『アラベスクで足が上がらない』ってかなりアバウトです^^;
なので、このまま(アラベスクで足を上げたい)では改善しません。
 
 
これを分解して、

□両足ターンアウトできてるか
□脇を使って骨盤を引き上げてるか
□両手ともに指先まで伸びてるか
□足を体幹で持ち上げてるか
□背中は伸びてるか
□内ももは使えてるか
……

って分けると、いっぺんに全部は無理でも1つずつなら直していけそうですよね?
さらに、今分解した内容みてください。
 
 
すべてバーレッスンでできるものです。
 
 
つまり、このバーレッスンのチェックポイントを直していくことがそのままアラベスクのレベルアップにつながります。
動画を撮ると、今できてない部分が目でみてわかります。
そこを1つずつ直していきます。

すると、チェックポイントがすべて直ったころには『結果的に』アラベスクで足が上がるようになっています。
 
バーの動画撮ると改善スピード上がりますよってお話すると、
「フロアで踊ってるときの動画じゃダメなの?
フロアで踊れない部分があるから困ってるのに…」
って言われることがあります。
 
あなたもそう思いますよね?
これはバーレッスンの方がいいと断言できます。

結局、フロアで踊れない部分ってバーレッスンで出来てない部分です。

そこを修正してあげることで、フロアで踊る分は改善していきます。

ただ、動画撮ると最初は自分のイメージと違いすぎて「え〜っ!こんなんなの?!」って嫌に思うことがあるかもしれません。

なので無理にはオススメしません。
先生が見て直してくれますから。

もしあなたに

・先生に言われてる部分を自分も理解したい
・自分の客観的な姿を受け入れる覚悟がある

なら、バーレッスンの動画を撮ってみてください。

上手くなってるか見た目でわかるようになりますし、
上手くなるスピード、上がりますよ^^

−−−−−−−
 
 
PS.
こんな感じでブログの補足をメルマガでしています。
今回みたいな感じだったり、体の使い方のヒントだったり…
ご興味ある方はぜひどうぞ。