ルルベが低いなら…

こんにちは。島田です。

バレエのレッスンに、ルルベアップは欠かせません。そのとき、
「ルルベ、低っ!」
「かかとが上がってない!」
って注意された経験ありませんか?

これは足の弱さも、もちろんあるのですが、実際に使いたいところとのズレがあって損してることもけっこうあります。
 
そこで、今回はルルベが低いときに気になるポイントと高くするためのアプローチについてお話します。
 


 

ルルベが低いときに気になるポイント

 
 
「ルルベが低い(かかと高くしたい)…」と思う時に、気になるポイントは大きく分けて3つあります。

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.005
 

つま先をのばすときの大悩みポイント

ルルベや甲出しでつま先を伸ばそうとしたとき、こんな風になったことありませんか?

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.010

①ふくらはぎやアキレス腱が縮む
②足首の前や甲がつっぱる
③土踏まずがつる

「つま先を伸ばしづらい…」というときの悩みをまとめると、大きくこの3つになります。

これらは、足を使うときに、力がうまく伝わらなくて起こります。
ルルベするときも同じです。

実際使っているところと、本当に使いたい部分にズレがあって変なところに力が入るんですね。
 
 

ルルベで足が使いづらい2つの理由

 
 
ルルベで足が使いづらいポイントはつあります。
(1)足の指が丸まってしまうこと
(2)足首を使いたいのに硬くて足先しか使えないこと
です。それぞれをみていくと…
 
 

(1)足の指を使っている位置がズレてる

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.018

バレエで足の指を使うときは、付け根(図の黄色い部分)に力が入るように使います。
この指のつけねに力が入るように使えると、指が伸びたまま足裏が使いやすいんですね。
これで、ルルベを高くすることができます。

逆に、指先(赤い部分)に力が入ると、ふくらはぎに力が入りやすいです。

「足の指を伸ばして!」
「足指が丸まってる!」
と注意されたことありませんか?

これは、指先に力が入ると指が丸まって、ふくらはぎやアキレス腱を縮める使い方になるからです。
 
 

(2)足首で使いたい部分に力が入らない

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.024

フレックスや甲出しをするとき、本当は足首を動かしてつま先を伸ばせるときちんと伸びます
でも、足首が硬い時って、足の先は動くけど、肝心の足首はそれほど動いてなかったります。

このせいでルルベしてもかかとが低くなるんですね。
 
 

ルルベを高くするには

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.033
つまり、ルルベを高くするには、
・足の指の付け根を使えて
・足首から動かす
ことができれば、ルルベでかかとを高くすることができます。

でも、これ足だけでなんとかするのは・・・無理です^^;
足だけでなんとかしようとすると、どうしてもふくらはぎの筋肉使います。

では、バレエではどこを意識して、足を動かしやすくしているのか?それが…

骨盤を立てること

です。
 
 

骨盤を立てると足首が使えて指を伸ばしながら使える

 
 
骨盤を立てることで、膝が伸びやすくなって力が途中で抜けにくくなります。
すると、足首の中を動かすことができるようになるんですね。

どんな感じかチェックするときは、
・あお向けに寝た状態で
・骨盤(腸骨・ちょうこつ)の前のでっぱりを押さえたまま
・足首をフレックスしたり、甲だし(つま先を伸ばす)
をすることで、足首の中を動かす感じがつかみやすいです。

ルルベが低い原因と意外なアプローチ.040
 
 

まとめ

ルルベでかかとが上がらない、ルルベが低い、というと足の指が弱かったり足首の硬さが気になると思います。

それは、あなたが今使っているところと、本当に使いたい部分にズレがあることが原因です。
そして、バレエでいう骨盤を立てる動きが、その足首や足指の使いづらさを改善してくれる鍵になります。

なので、骨盤を立てる方からアプローチすることでルルベを高くすることができるんです。
 
骨盤立てる方がイメージできないな〜と思ったら、まずは足指の使う位置をイメージするだけでもいつもより高くなりますよ。

ぜひ試してみてくだささい^^
 
 
 
 
スクリーンショット 2017-12-29 8.58.39