バレエ ルルベ 低い

ルルベが低いなら…

こんにちは。島田です。

あなたはこの3つのうち、どれか当てはまるものありますか?
 
 
「ルルベが低い(かかと高くしたい)」
「ふくらはぎをずっと使う」
「バレエすると足が太くなる」
 
 
パッと見、別のことのように感じますよね。
でも、これらにはある共通点があります。
 
 
それは【床が押せてないこと】。
 
 
もう少し正確にいうと、膝から下で床を押してることです。

「いやいや、足使わずにどこで押すんだ ~_~;」って思いますよね?
使うのはここです。
 

背中を使って床を押す

 
この『床を押す』って表現がクセモノです。
こう言うと、足首を曲げて床を押したくなりますよね。
残念ながらこれは間違い。

背中を伸ばすことで、足を伸ばして床を押します。

わかりやすいのは背伸び。
背伸びしようとすると、爪先立ちしたくなりますよね。

この背伸びを爪先立ちをしないでやってみてください
膝から下に力いれなくても床が押せてるのがわかります。
使ってるのは骨盤周りです。

これは、腕を伸ばしたまま手で押すときは自然とやってることです。
腕を伸ばしたまま押そうとすると、肩甲骨周りを使って、二の腕や前腕はそんなに使いません。

足で押す場合は背伸びをすることで、それと似た状態を作れます。
 

普段のレッスンで背中を伸ばすなら

 
「私が普段のレッスンで使うにはどうするの?」って思いますよね?
普段のレッスンで何をすればこれができるか?
それは…
 
 
タンデュと5番のアンオーです。
 
 
タンデュは腰を伸ばします。
5番アンオーは背中を伸ばします。

この2つをきちんとやれば、背中から床を押すことができます。
 
 
タンデュなんて毎回やってると思います。
でも、足を伸ばすだけになってませんか?
タンデュでは腰が伸びる感じがあるのが重要です。

ポイントはバーの使い方。
バーを杖にして、アラスゴンドにした手も脇を張ることで、手に体重を預けます。
両足軽くなった状態でタンデュすると、腰からきちんと伸びるようになります
 
 

5番は股関節が開かなくて入りづらいと思いますよね?
実は、5番は股関節開くのが目的ではありません。
背中を伸ばして床を押すようにするのがメインです。

股関節を一生懸命ひらこうとしても深く入らないんですね。
やりづらいときは背伸びしながら5番に入れてみてください。

この2つをきちんとやれば、
3回のタンデュ、5番アンオーを左右30秒で、背中から床を押せるようになります。
 

もっと背伸びしよう

 
ルルベがどうしても低かったり、
ふくらはぎが張ったり、
バレエをやってるのに足が太くなるなら、
体重かけるのに足を使いすぎです。

背伸びで床を押すようにしていくとそんな問題は減ってきますよ^^
 
 
バレエ ルルベ 低い