バレエで骨盤のゆがみが気になるなら…

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で
「骨盤ゆがんでる!」
って言われたことありませんか?

骨盤がゆがんでると、
アラベスクなどで、足を支えられないので高く上げられません。

なので、今回は骨盤のゆがみについてお話します。

骨盤 ゆがむ 理由

なぜ骨盤がゆがむのか?

理由は
・足組んで座る
・猫背
・ソファでダラ〜っと座る
・姿勢が悪い
・斜めを見るような画面( TV、PC)の配置

などなど、日常の座り方、姿勢でゆがんでいくわけです。
これは…あなたならもうわかってますよね?

でも、

・足を組まない
・いい姿勢をする
・背中を丸めて座らない

と言われても、普段忙しいあなたにとってはなかなか難しいものです。
そんなことまで気を使わないといけないのかと…(~_~;

そこで、骨盤のゆがみをある程度正す方法を紹介します。
バレエのレッスンでやる練習の1つです。
 

バレエで骨盤のゆがみを正す方法

 
それは、タンデュ

そう。
あの足を伸ばす運動は骨盤を正す整体にもなるんです。

あ、でもただ足を伸ばしてもダメですよ^^;
体がねじれて足伸ばしても意味ないですから。
むしろ、体ねじって伸ばしても骨盤ゆがんでいきます。

大切なのは上半身がブレないこと

体幹がキープできる状態で足が伸ばせるようにするのが、タンデュで骨盤を正すポイントです。

バーを杖がわりにして、
アラスゴンドに開いた手の脇に意識をおいて、
両足が楽になった状態でタンデュします。

回数より質です。
3回しかやらなくてもちゃんと伸ばせれば、
膝は伸びますし、足は上げやすくなります。
 

骨盤のゆがみがとれると…

 
骨盤ゆがんで困るのは足を上げてキープする時なんですね。

なので、骨盤のゆがみがとれると、
・アラベスク
・アチチュード
・ディベロペ
・パッセ
・Y字バランス
……

などなど、いろいろな足上げ動作が楽になります。

骨盤のゆがみが気になるなら、

そして普段の生活で姿勢を直すのが苦手なら(笑)、
タンデュの質を意識してみてください。
 
 
PS.
ちなみに、私も毎日タンデュ・プリエ・アンオーはしてます。
バレエを整体として使って体調を整えてるんですよ^^
 
 
PPS.
もし、「私は硬いから…。」と思ってるならこの方のエピソードが参考になるかもしれません(ご本人には了承をとってあります)。