バレエで骨盤を立てたい人用・タンデュのコツ

こんにちは。島田です。

バレエ踊ってると、先生に
骨盤立てて!
ってよく言われません?

骨盤を押さえて腰を動かしてみたり…
背中や頭を前後に動かしてみたり…

いろいろ工夫するけど、結局どうすればいいかわからない(~_~;
なんて経験ありませんか?

実は、バーレッスンのある動きを、ちょっと意識するだけで、骨盤を立たせやすくできるんです。
 
 
それはタンデュ
 
 
タンデュなんて毎回やってますよね?
でも、あるコツをやってないだけで、いつまでも骨盤が立ちにくかったり膝が伸びなかったりするんです。
今回はそのちょっとしたコツをお話します。
 

骨盤を立てるタンデュのコツ

 
細かいこと言えばいくつかあるんですが、【骨盤を立てる】ということに関して言えば、ポイントは1つだけ。
 
 
出した足を戻すときに、息を吐いてしっかり足を伸ばしておく
 
 
これだけです。
「へ? (・_・ 」と思うかもしれませんが、この一手間で膝が伸びて骨盤が立ちます。

膝が伸びない人のタンデュでは、足を戻すときに膝をちょっと曲げてやっていることが多いです。
その方が寄せるの楽だしね^^;

でも、タンデュのキモって伸ばすときより戻すときなんです。
伸ばしたまま戻せると、骨盤が立って膝が伸びるんですね。
 

微差=大差

 
正直ほんのちょっとした違いです。というか超地味^^;
戻すときに足を伸ばしたままにするだけですから。
でも、バレエに関して言えば、このちょっとした違いが大きな差になります。

タンデュの戻すときの意識をちょっと直すだけで
骨盤が立ちやすくなって、
膝が伸びて、
体重がアキレス腱やふくらはぎに乗らなくなります

教室にいる他の人と差がつくのは、こんな地味な部分です。

さて、あなたにとって、この差は小さいでしょうか?
 
 
 
バレエ 骨盤