バレエ 足の付け根 痛い

バレエで足の付け根が痛いときのタイプ別・傾向と対策

こんにちは。島田です。

バレエを一生懸命踊っていて足の付け根が痛かったり、つまったりすることありませんか?

「パッセすると付け根がつまって…」
「アラベスクするとお尻がつまる…」
という経験があるかもしれません。

今回は、バレエを踊っていて足の付け根が痛いときによくみられるものを大きく3つのタイプに分けました。
それぞれの傾向と対策についてお話します。

今回はバレエで出やすい足の付け根や股関節の痛みのタイプ別、傾向とアプローチ法について解説をしていきます。

足の付け根で痛みが出やすいと言った時、大きく3つのタイプに分ける事が出来ます。

【タイプ1】足の付け根の前と外側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
まずはタイプ1は足の付け根の前と外側に痛みが出たり詰まりが出たりするタイプです。
パッセをした時に足の付け根の前側が突っ張ったり、バットマンをしようとした時に足の前側が引っかかって中々上がらないという事が多いと思います。
よく見られる傾向は4番ポジションが苦手という事です。
4番ポジションが苦手なのでピルエットで顔をつけるのが苦手だったり、4番ポジションの股関節を開く軸が背中の肩甲骨周りの高さにあるので、この辺の背中が硬かったりします…猫背の方に多いです。
4番が入らないので4番でプリエをする時、どうしても膝の外側だったり太ももの外側を張ってしまう事が多い為、太ももの外側が硬い人が多いです。
これがタイプ1の付け根の前側と外側が硬い人です。

【タイプ2】足の付け根の内側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ2は足の付け根の内側が痛いケースです。
パッセをしたり、足をアラスゴンドで上げていく時に内ももが引っかかったりとか、内転筋が痛いという事が多いと思います。
よく見られる傾向は5番ポジションが入りづらい事が多いです。
5番ポジションが入りづらくなる原因の一つとして親指が使えないというのがあります。
外反母趾で痛かったり、体重の掛け方でどうしても親指がきちんと踏めずに外側…小指に体重がかかってしまい段々親指が使えなくなり、付け根の内側が痛いという事が多いです。
また、5番ポジションが入りづらいので5番ポジションの股関節を開きやすい軸が背中の丁度一番上…首の付け根辺りにあるので、ここが上手く決まらずに首が前に出やすいというのもこのタイプの傾向にあります。
これがタイプ2の足の付け根の内側が痛いというものです。

【タイプ3】お尻〜腰の下が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ3はお尻から腰の下までつまったり、痛くなるケースです。
これは後ろに足を上げる時に多いです。よく見られる傾向はアラベスクをする時に腰がつまる、というものです。
このタイプの場合は膝がなかなか伸ばしづらかったりとか…アラベスクで腰がつまる時は大体2番プリエで骨盤を持ち上げるのが出来ていないので、2番プリエが苦手という事が多いです。
また、反るのが苦手な人も多いです。
膝が伸びないので後ろのカンブレや反ったりするのが苦手なケースが多いです。
これがタイプ3のお尻から腰の下がつまるタイプです。
 

それぞれの対策は?

 
まずはタイプ1とタイプ2の対策です。
足の付け根の前側や外側、内側が痛い時というのは4番から5番のターンアウト、もしくは4番・5番のプリエをする事によって、その股関節が開きやすくなる分、付け根の痛みが取れてきます。
バレエ 足の付け根痛い 対策
後ろに上げた際にしんどい時というのは、膝が伸びていなかったりとか背中が反りにくいというのが多いので後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばす事が出来て、反ったりする時に背中の柔軟性が増すので、これをやる事によって付け根の後ろ側を上げる時に痛みというのは取れてきます。

実際に動画で見て頂くとアームスと股関節の連動を使って4番と5番を改善していくパターンです…パッセでやっていっています。
付け根が痛い状態でも、このようにアームスと股関節を利用する事で体が動かせるようになっていくので、4番と5番のプリエをしても同じ様な感じで深く沈められれば沈められる程、ここの付け根の痛みというのは取れていきます。

また、膝を伸ばして背中の柔軟性を上げていく事で腰から足の付け根のつまりを改善する事が出来ます。
こちらはアラベスクの調整をしている時のものですが、実際にやっているのは後ろのタンジュに近いです。
後ろタンジュもこのように軸足の膝を伸ばしていく事によって背中を使って足を伸ばす事が出来ます。
背中の柔軟性も上げながら膝を伸ばしていく事が出来るので、足を持ち上げる感じでは無くなります。
そうすると足の付け根とか腰のつまりはかなり取れやすくなります。

もしあなたがバレエで踊る時に足の付け根が痛くて悩んでいる…先程の3つのタイプで問題があるというのであれば、このように足の付け根の前側・内側の場合は4番・5番のターンアウトの改善、プリエの改善をする事によって楽になりますし、後ろ側が引っかかる場合は後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばして背中を反りやすくする事で腰の下からお尻までのつまりを取る事が出来ますので、まずはそこをトライしてみて下さい。

是非明日からのレッスンに活かしてもらえると嬉しいです。
ありがとうございました。  

バレエ 整体