バレエと股関節

プリエ 股関節 開く

プリエで股関節が開かない原因と対策

こんにちは。島田です。

あなたはプリエをするときに
・すぐにかかとが浮く…
・太ももが硬い…
・足首(アキレス腱)が硬い…
という悩みがありませんか?

そうなってしまう原因が2つあります。
今回は、プリエするときにありがちな間違いと、股関節が開きやすくなるプリエのコツをお話します。

今回は股関節が開くプリエのコツです。
スクワットにならない為にどうプリエをすれば良いか、という事について解説をしていきます。
あなたはプリエをする時に、こんな悩みはありませんか?
①つま先まで踏もうとすると、かかとが浮いてしまう。
②プリエで太ももが硬くなって、どんどん前ももが鍛えられていってしまう
③足首が硬かったり、アキレス腱が硬かったりしてなかなかプリエで深く沈む事が出来ない…このような悩みがあるかもしれません。
これ自体は体の問題という事では無く、プリエのやり方で問題が出てくるのですが…何故こうなるのか?というと原因は大きく分けて2つあります。
一つはプリエではなくてスクワットの延長になっている、という事です。
もう一つは足裏全体で踏んでいると思っていても、実は足裏全体では踏めていないと言うのがよくあるケースです。
それぞれ、見ていきたいと思います。
一つ目のスクワットの延長という事ですが、プリエをする時に膝を曲げるところからスタートしてしまう人が多く見受けられます。
こうしてしまうと、プリエで深くすればするほど、膝は前に来て肝心の開きたい股関節は内側に向いてしまいます。
なので、足は外に向いているのに膝がどんどん前に行ってしまい、前ももが硬くなったり膝に負担をかけるという状態になってしまいます。
これが、プリエで股関節が開かない一つ目の理由です。
もう一つ目は、足裏全体で踏めていないという事です。
これは踵とつま先は割と意識しやすいので、ここはすぐに踏めるのですが踵を踏んだ後に足裏全体で踏もうとすると、すぐにつま先を踏んでしまう事があります。
なので間にある土踏まずが実は踏めていないという事があります。
この矢印で引っ張った部分のところが床を押せていない事が多いです。
これをする事によって床を押す力が足りないので股関節が開き辛く、先程の症状が出やすいという事があります。
では、この2つを防いでプリエで股関節を開きやすくするにはどうすれば良いか?と言うと…これも2つあります。
一つは足裏を5段階に分けて踏むという事。
もう一つは膝からスタートしないという事ですが…これ、文字で書くだけだと一言で終わってしまうのですが、それぞれコツがあるのでそれをお伝えしていきます。
まずは足裏を5段階に分けて踏むという事ですが、図で見るとこんな感じです。
1番プリエは踵を中心に踏んでいくと坐骨が立って股関節が開きやすくなります。
2番プリエはくるぶしの下を中心に踏んでいくと股関節が開いて深く沈むみやすくなります。
このように3番の場合は甲の付け根の下、4番の場合は土踏まず、5番はつま先という風に5段階に分けて徐々に体重をかけて踏んでいってあげると足裏全体が踏みやすくなります。
足裏全体が踏めて、床が押せる力が増すだけその分股関節が開いて深く沈みやすくなる、という事です。
これが足裏全体を踏むためのコツ、5段階に分けて踏んでいくというものです。
もう一つ目の膝からスタートしないという事についてですが、動画を見た方が分かりやすいので、まずはこちらをご覧下さい。
これは先日のセミナーの映像ですが、膝からスタート出来ないようにして押さえてしまいます。
その上で先程の1番プリエをする時に踵を踏んでいってもらうと…膝が止められたまま床を押す力が必要になってくるので、体の内側が使われます。
そうする事によって、股関節が開くので結果的に膝も開いていきます。
膝を押さえられた状態でスクワットになっている状態だと全然プリエが出来ません。
これが、きちんと膝を止められたままでも床を押す力があれば、体の内側が使われて股関節が開く分、床を押せて沈めていくという事になります。
もしあなたが、このようにつま先まで踏もうとすると踵が浮いてしまったり、プリエをしていくとどんどん前ももが鍛えられてしまったり、足首が硬いという事であれば…まずは足裏を5段階に分けて踏んでいくというのを試してみて下さい。
プラスで、最初のうちは癖がついて大変だと思いますが、膝を曲げるところからスタートしないというのを意識してみて下さい。
これはバーレッスンでしか出来ませんが、バーでプリエを最初にすると思いますので、バレエのレッスン全体の質が上がります。
なので、まずはこの2つを押さえてみて下さい。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。

バレエ 足の付け根 痛い

バレエで足の付け根が痛いときのタイプ別・傾向と対策

こんにちは。島田です。

バレエを一生懸命踊っていて足の付け根が痛かったり、つまったりすることありませんか?

「パッセすると付け根がつまって…」
「アラベスクするとお尻がつまる…」
という経験があるかもしれません。

今回は、バレエを踊っていて足の付け根が痛いときによくみられるものを大きく3つのタイプに分けました。
それぞれの傾向と対策についてお話します。

今回はバレエで出やすい足の付け根や股関節の痛みのタイプ別、傾向とアプローチ法について解説をしていきます。

足の付け根で痛みが出やすいと言った時、大きく3つのタイプに分ける事が出来ます。

【タイプ1】足の付け根の前と外側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
まずはタイプ1は足の付け根の前と外側に痛みが出たり詰まりが出たりするタイプです。
パッセをした時に足の付け根の前側が突っ張ったり、バットマンをしようとした時に足の前側が引っかかって中々上がらないという事が多いと思います。
よく見られる傾向は4番ポジションが苦手という事です。
4番ポジションが苦手なのでピルエットで顔をつけるのが苦手だったり、4番ポジションの股関節を開く軸が背中の肩甲骨周りの高さにあるので、この辺の背中が硬かったりします…猫背の方に多いです。
4番が入らないので4番でプリエをする時、どうしても膝の外側だったり太ももの外側を張ってしまう事が多い為、太ももの外側が硬い人が多いです。
これがタイプ1の付け根の前側と外側が硬い人です。

【タイプ2】足の付け根の内側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ2は足の付け根の内側が痛いケースです。
パッセをしたり、足をアラスゴンドで上げていく時に内ももが引っかかったりとか、内転筋が痛いという事が多いと思います。
よく見られる傾向は5番ポジションが入りづらい事が多いです。
5番ポジションが入りづらくなる原因の一つとして親指が使えないというのがあります。
外反母趾で痛かったり、体重の掛け方でどうしても親指がきちんと踏めずに外側…小指に体重がかかってしまい段々親指が使えなくなり、付け根の内側が痛いという事が多いです。
また、5番ポジションが入りづらいので5番ポジションの股関節を開きやすい軸が背中の丁度一番上…首の付け根辺りにあるので、ここが上手く決まらずに首が前に出やすいというのもこのタイプの傾向にあります。
これがタイプ2の足の付け根の内側が痛いというものです。

【タイプ3】お尻〜腰の下が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ3はお尻から腰の下までつまったり、痛くなるケースです。
これは後ろに足を上げる時に多いです。よく見られる傾向はアラベスクをする時に腰がつまる、というものです。
このタイプの場合は膝がなかなか伸ばしづらかったりとか…アラベスクで腰がつまる時は大体2番プリエで骨盤を持ち上げるのが出来ていないので、2番プリエが苦手という事が多いです。
また、反るのが苦手な人も多いです。
膝が伸びないので後ろのカンブレや反ったりするのが苦手なケースが多いです。
これがタイプ3のお尻から腰の下がつまるタイプです。
 

それぞれの対策は?

 
まずはタイプ1とタイプ2の対策です。
足の付け根の前側や外側、内側が痛い時というのは4番から5番のターンアウト、もしくは4番・5番のプリエをする事によって、その股関節が開きやすくなる分、付け根の痛みが取れてきます。
バレエ 足の付け根痛い 対策
後ろに上げた際にしんどい時というのは、膝が伸びていなかったりとか背中が反りにくいというのが多いので後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばす事が出来て、反ったりする時に背中の柔軟性が増すので、これをやる事によって付け根の後ろ側を上げる時に痛みというのは取れてきます。

実際に動画で見て頂くとアームスと股関節の連動を使って4番と5番を改善していくパターンです…パッセでやっていっています。
付け根が痛い状態でも、このようにアームスと股関節を利用する事で体が動かせるようになっていくので、4番と5番のプリエをしても同じ様な感じで深く沈められれば沈められる程、ここの付け根の痛みというのは取れていきます。

また、膝を伸ばして背中の柔軟性を上げていく事で腰から足の付け根のつまりを改善する事が出来ます。
こちらはアラベスクの調整をしている時のものですが、実際にやっているのは後ろのタンジュに近いです。
後ろタンジュもこのように軸足の膝を伸ばしていく事によって背中を使って足を伸ばす事が出来ます。
背中の柔軟性も上げながら膝を伸ばしていく事が出来るので、足を持ち上げる感じでは無くなります。
そうすると足の付け根とか腰のつまりはかなり取れやすくなります。

もしあなたがバレエで踊る時に足の付け根が痛くて悩んでいる…先程の3つのタイプで問題があるというのであれば、このように足の付け根の前側・内側の場合は4番・5番のターンアウトの改善、プリエの改善をする事によって楽になりますし、後ろ側が引っかかる場合は後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばして背中を反りやすくする事で腰の下からお尻までのつまりを取る事が出来ますので、まずはそこをトライしてみて下さい。

是非明日からのレッスンに活かしてもらえると嬉しいです。
ありがとうございました。  

バレエ 整体

バレエで開脚しやすくする2つの方法。体が硬い私でもできます

こんにちは。島田です。

バレエのストレッチで開脚するときに、
「お尻が固くて…」
「太ももの横が張って…」
「内ももが固くて…」
開脚しづらいと思ったことありませんか?

今回は、体が硬い私でも1週間で開脚しやすくなった2つの動きについてお話します。

 
開脚でできなくて股関節周りが硬いと、「股関節の骨のつき方が変なんじゃないか」と思って整形外科でレントゲン撮ってみたりするかもしれません。
でも、多くの場合はそうではないので、「単に体が硬いだけかなぁ?」という風に考えた事があるかもしれません。

今回、お話するのはそういう体が硬い人でも出来る方法です。
実際私もすごく体が硬いので、靭帯のストレッチだけではなかなか開かないです。
なので、体幹を使って(内側を伸ばして)股関節を開く方法をお伝えしていきます。
 

開脚=内側の筋肉を3方向に伸ばすこと

 
開脚をしようとすると、ガバッと開くイメージが強いですが…、
実際は体の中心から上と横、左右に伸ばしていく事によって、結果的に股関節が開いて開脚が出来るんです。

この3方向に行く力が弱いと背中と足が縮んでしまうので、いわゆる腰が落ちる状態だったり、膝裏が曲がって膝が伸ばしにくいという状態になります。
バレエ 開脚 ストレッチ
こういう状態になると縮んでいるので股関節が開かないので結果的に開脚が開かない状態になってしまいます。

では、この3方向が伸ばせるとどうなるのか?

先に結果からお見せするとこうなります↓。

バレエ ストレッチ 開脚
上と横の3方向に伸ばす力が、前の写真よりも上がっているので、これが出来る事によって結果的に股関節が回って開脚出来る範囲が増えます。

先ほどの写真と比べてもらうと少し違うなというのが分かるかもしれませんが、1週間何をしたか?という事ですが…ある2つの運動をしていました。

それが、バレエで使うプリエとタンジュという運動です。
バレエ 開脚
これはどちらも床を押す時に使いますが、プリエの方は股関節を開きながら床を押していきます。
背中を上下に動かす運動で、その時に股関節がついでに開いていくという感じです。
これを使って股関節が開きやすくなるので、内ももが硬い人はプリエをやってあげると開脚しやすくなります。

そして、もう1つがタンジュという動きです。
このように、軸足だけ片方置いて足を伸ばす運動なのですが、足を伸ばす運動というよりは背中を伸ばす事によって床を押す力で足が伸びてる、という事になります。
これをする事によって、外側が張っていたりとか、ももが辛い時、開脚した時にお尻やももが辛い時はタンジュを多めにしてあげると開きやすくなります。
バレエでよく使う、この2つの動きをする事によって、いわゆるストレッチ…ギュ〜っと押したり、誰か後ろから押してもらって又割みたいにつぶすような靭帯のストレッチというのは、やらなくても開脚をしやすくする事が出来ます。
 

ビフォー&アフター(1週間後)

 
先ほどの写真を前後で比較してみると、これが元の状態です。
ここから1週間で、このようにきちんと開くようになっていきます。
バレエ 開脚

もしあなたがバレエを踊っていて「体が硬くて開脚が出来ない」という風に思っているのであれば、プリエとタンジュを少しチェックしてみて下さい。
特に内側(内転筋)が引っかかる時はプリエが有効で、開脚した時に外が辛いとか、付け根とかお尻、太ももが辛い時はタンジュを直すと開きやすくなります。
まずはそこからやってみると良いでしょう。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。