バレエ・ダンサー治療

バレエ治療やダンサー治療に関する内容です。

バレエで反り腰を注意される理由。

こんにちは。島田です。

教室で踊っていると
「反り腰になってるよ!」
と注意されることありませんか?

人によって
・膝を伸ばそうとしたり…
・ルルベでバランス取るときだったり…
・アラベスクで足が上がらないときだったり…
タイミングはさまざまです。

そして、腰の位置の問題かなと思って直そうとしても、「違う!」と言われてしまうことありません?

なので、反り腰って注意されるけど、「どこを直せばいいかよくわからない…」という状態になりがちです^^;

そこで、今回は
【バレエで反り腰ってどんな状態になってるのか全体的なイメージ】
【反り腰を起こしやすい2大原因とバレエで気をつけたいチェックポイント】
についてお話します。
 
 

反り腰ってどんな状態?

良い状態と反り腰を比べると…
反り腰ってどんな状態?.009
【良い状態】
横から見たときの重心線、つまり前後のバランスをとるポイントをつないだ線がまっすぐになる状態で立てればOKです。

【反り腰】
重心線からズレて立っているので、体のあちこちを前や後ろにズラしてバランスをとろうとします。例えば、お尻は後ろへ、お腹は前へ、アゴは上向きに…といった感じです。

つまり、反り腰って名前はついてますけど、バランスの取り方の問題なんですね。なので、腰の位置だけ直そうとしても上手くいかないんです。一体どこがズレてるとこんなことになるんでしょうか?
 
 

反り腰のゆがみ方

 
 
反り腰って一言で言っていますが、骨格で見てみると…
反り腰ってどんな状態?.014
前後にあちこち歪んでいます。
このゆがみの影響で倒れないように、結果的に腰を反ってバランスとってるんですね。
じゃ、これがバレエにどう影響するのかというと…
 
 

反り腰のデメリット

反り腰ってどんな状態?.025

歪んでる位置や、バランスとろうとして頑張りすぎてるところをピックアップすると、

1.足裏が使いづらい(指が浮く)
2.すねが疲れる、硬い
3.膝が出る、曲がる
4.前ももが緊張する(力入る)
5.もも裏が張る
6.お尻が垂れる(坐骨が下へ引っ張られる)
7.骨盤が前に出っ張る
8.お腹がポッコリ出る
9.アゴが上がる
10.前肩(肩甲骨が前にくる)

こんな感じに10個はでてきます。
どれもバレエでは良い影響なさそうですよね^^;

さすがにこれ全部あるってことはないと思いますが、3つ以上あったら反り腰に注意です。

では、反り腰になる原因ってどんなものがあるんでしょうか?
 
 

反り腰の2大原因

反り腰の原因として言われる2大原因は、長時間座るのと、ヒール歩きです。

反り腰の2大原因.006

原因①長時間座る

反り腰の2大原因.011
長時間座るタイプで反り腰になる場合、前かがみが多いので背中の筋肉(脊柱起立筋・せきちゅうきりつきん)が疲れて、腰〜股関節につくインナーマッスル(腸腰筋・ちょうようきん)が弱ります。

すると、まっすぐ立とうと思っても、背中や腰、股関節がちぢこまる+膝が伸ばせない状態になります。この状態で膝を伸ばすと、上半身が前に行っちゃうのでバランスとろうとして反り腰になります。
 
 

原因②ヒール歩き(膝曲げてつま先体重)

反り腰の2大原因.018
ヒール歩きで反り腰になる場合、ヒールそのものというより、その歩き方に問題があります。

高いヒールで歩くと、
・膝を曲げて
・つま先体重
にした方がバランスがとりやすいです。

なので、前もも(大腿四頭筋・だいたいしとうきん)に自然と力が入りやすくなります。
そして、ヒールのときはつま先体重ですが、このバランスの取り方だと、足をフラットにしたときはつま先が浮くのでかかと体重になります。

つまり、このタイプは、前ももに力が入る+かかと体重になりやすいんです。

その結果、足のバランスがとりづらいので反り腰になります。

大きくこの2つのメカニズムで反り腰になります。これは一般的な反り腰のなり方ですが、バレエでの反り腰も状態は同じ。

なので、気をつけたいポイントもこの2つのタイプで分けられるんです。
 
 

タイプ別
バレエでチェックしたいポイント

反り腰の2大原因.032
 
 
反り腰になるタイプ①長時間座る系

このタイプは、上半身の支えが足りないことが多いです。
・スクエアが保てない
・体幹がグニャグニャしやすい
・プリエでかかとが上がりやすい
といった状態になりやすいんですね。

なので、気をつけたいのは、肘が落ちること、あばらが開くことなどです。
これはバーの持ち方を、手のひらが浮かないように気をつけることで改善していきます。
バーの持ち方NG

反り腰になるタイプ②ヒール歩き系

このタイプは、骨盤から足までのバランスで全体的に前側に力が入りすぎていることが多いです。

・前ももに力が入りすぎ
・膝が出る
・指だけで足首のフレックスをしていない

などが気をつけたいポイントです。
前もものストレッチやフレックスを2段階おこなうなどで改善していきます。
 
 

まとめ

反り腰って名前がついてると、どうしても腰をイメージしちゃいますよね。でも、実は全身のゆがみやバランスを取ろうとした結果で結果的に腰を反っています。

なので、まずは自分はどっちのタイプかなとチェックしながら直していくと、腰の位置だけ直そうとするより効果的ですよ^^
 
 
 

スクリーンショット 2017-07-18 7.48.42

バレエで肘を下げない理由と肘を張るシンプルな方法

こんにちは。島田です。

バレエ教室でフロア(センター)で踊るときに
「肘が下がってる(落ちてる)!」
「肘を張って(遠くに伸ばして)!」
って注意されたことありませんか?
 
そして…
「いや、もう振り付け追うのに必死だし…」
「気にしてないわけじゃないけど、足の動きで精一杯で手まで意識回らない…」
って思ったことありません? ^^;
 
 
たしかにそこまで意識するのは大変なんですが、実はこの肘の位置ひとつで、踊りのパフォーマンスアップにだいぶ影響するんです。
 
 
今回は、【肘が下がるデメリット】【肘が下がるのを防いで、肘を張るシンプルな方法】についてお話します。
 
 

肘が下がるといけない理由

 

肘が下がるデメリット

 
 
肘が下がる(落ちる)ことで関連するパーツが影響を受けます。

例えば、
・前肩になりやすい
・肩が上がる
・あばらが開く
・骨盤が立たない
・背中が硬い
・アゴが上がる

という状態になりやすくなるんです。
なぜバレエで肘が下がるといけないのか?.015
 
なので、先生からは「肘を落とさないで!」というアドバイスがでるわけなんですが…。
実際、踊りの最中は難しいんじゃないかと思いますよね?^^;

でも…
 
 

踊りで受ける影響

 
 
・体幹がキープできない(スクエアを保てない)ので、バランスが取りづらい
・足の力で足を上げるので足が重い(前ももを使う)

といった影響をうけるので、【足の振り付けそのものがやりづらい…】ということになります。

なぜバレエで肘が下がるといけないのか?.022

肘が下がっている(落ちてる)ことで受けるデメリットは、フロアで踊るときこそ邪魔なんです。
 
 

肘を張るには


そこで、教室では
「肘を張って」
「肘を遠くに伸ばして」
「もっと背中を引き上げて!」
というようなアドバイスをすることが多いんですね。
 
 
でも、【肘を張ろうとして首や肩に力入った】ことありませんか?
実は、肘を張ろうと意識をするだけだと結構むずかしいんです。

そこで、肘を張るためにできるシンプルな方法をお話します。
 
 

肘を張るシンプルな方法

バレエで肘を張るシンプルな方法.014

方法は簡単。
基本は次の2ステップです。
 
 
①アン・バー(1番ポジションの手)で肘を壁に押し付ける
このとき、肘が壁に触れるくらいだとちょっと弱いかも。肘で壁を押す強さは少し強くていいです。
 
 
②肘を壁に押し付けたまま、アン・オー(5番の手)にする
壁を肘で同じ強さのまま押しながら、アン・オーまでいきます。
このとき、肘が途中で壁から離れないようにしてください。
背中や脇に力が入ればきちんと効いてます。
 
 
注意ポイント
・肘がこすれるので長袖でやった方がいいです。
・上半身がグラグラしないようにしてください。
・背中が反らないように注意。
 
 

できてるかチェックするには

 
 
これは背中を引き上げて、股関節を開くこともできます。
ちゃんとできると5番ポジションに入りやすくなる】という嬉しい副作用があるんです^^

なので…
5番ポジションをやってみる

今回のエクササイズをやってみる

もう一度5番ポジションをやってみる

としたときに、5番に入りやすくなっていればうまくいってます。
バレエで肘を張るシンプルな方法.018
 

まとめ

 
 
肘が落ちるのがダメなのは知ってはいても、図でみてみると影響が結構大きいことに気づいたかもしれません。

「なんでそんなに肘が落ちてるって注意されるんだろう?」と思ったこともあるかもしれませんが、踊りのパフォーマンスには欠かせない要素なんですね。
 
 
今回の方法は、簡単なので壁があればどこでもできます
教室は鏡張りなのでやりづらいですが、オフィスのトイレとか自宅の壁でいいので試してみてください。
 
 
バレエで肘を張る注意を受けるのは、ある程度フロアで踊れるようになってきた証拠。
もう一段上の自分になるための登竜門として、ぜひトライしてみてください^^
 
 
バレエ 背中

バレエで骨盤を立てる理由。メリットと立てる位置

こんにちは。島田です。

バレエ教室で「骨盤立てて!」と注意されたことありませんか?

これは形がキレイだから…ということもあるんですが、骨盤を立てることで踊る上でのメリットがあるからなんです。

今回は骨盤を立てる理由と、骨盤立てるときのイメージについてお話します。
 

骨盤を立てる理由

バレエで骨盤を立てるメリット

踊りのなかで骨盤が立つメリットはたくさんあります。
バレエでいうと、

骨盤が立つことで、
・ターンアウトしやすい(股関節が使いやすい)
・体幹が支えやすい(背中引き上げやすい)
・膝が伸びる
・つま先伸びる(ポアントで立ちやすい)

というメリットがあるんです。
色々な部分とつながってるんですね。
なぜ骨盤が立たないといけないのか?.006

なので、バレエ教室の先生は「骨盤立てて!」ってアドバイスしてくれるんです。逆に、骨盤が立たないと…

骨盤が立たないデメリット

骨盤が立たないと、体が安定して立てないので
・股関節が硬い(可動域が狭くなる)
・体幹が支えられない(背中硬い)
・膝が曲がる
・足首かたい

ということにつながります。
なぜ骨盤が立たないといけないのか?.017

もしかしたら、あなたが普段感じている「背中が硬い」「股関節が硬い」「膝が伸びない」「足首硬い」も、骨盤が立っていなかったり、ズレていたりするせいかもしれないんです。

さて、ここまで読んだあなたは「骨盤を立てる重要性は知ってるけど、骨盤を立てようと思って一生懸命やってもなかなかできない…」と思うかもしれません^^;

それは、骨盤を立てる位置がズレてるからかも。
 
 

骨盤立てる位置は


一言で『骨盤を立てる』といっても、いったいどこを立てればいいのかわかりづらくありません?

立てようとしたら腰が反って出っ尻になったり…
まっすぐにしようとしたらタックインしてしまったり…

こんな問題が起きるのは、骨盤『全部』を立てようとしているからです。

骨盤って、1つの骨じゃなくて…
 

骨盤は5つのパーツでできている

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.006

このイラストにある通り、腸骨(ちょうこつ)、坐骨(ざこつ)、恥骨(ちこつ)、仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)と5つのパーツが組み合わさってできています。
股関節は腸骨、坐骨、恥骨が合わさる部分にはまります。

骨盤立てようとして、タックインや出っ尻になってしまうのは、これら全部をまとめて動かそうとしているからです。

ではどこを立てれば良いかというと…
 

立てるのは仙骨

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.010

この仙骨という、骨盤の後ろ側についた部分です。
ここから背骨につながるので、ここの角度で背骨の強さ・しなやかさが変わります。

仙骨が立つイメージ、この方向から見るとわかりづらいので横から見ると…
 

どんな状態が立ってるってこと

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.016

このイラストのようになります。
普通は少し前側に傾いていますが、これを右側のように立たせていくことで体を薄くしたまま体幹を支えやすくできるんですね。(ちなみに、この絵はイメージです^^;実際ここまでは動きません。)
 

骨盤立てる時のイメージ

 
骨盤全部を立てようとすると、どうしてもお尻が動いちゃいます。
なので、骨盤をパーツに分けて、
骨盤の上(腸骨)はタックイン、
骨盤の下は出っ尻、
というイメージで骨盤を立ててみてください。

そうすると、間に挟まれた仙骨にアプローチしやすくなります。骨盤全部を立てようとするより効果的です。

仙骨の角度が変わるので、体を薄くしたまま体幹を支えやすくなります。

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.025

まとめ

 
バレエ教室で「骨盤を立てて」というのは、形だけじゃありません。踊りやすくするために色々な部分に影響するからなんです。

そして、骨盤を立てようとしてなかなか立たない、出っ尻やタックインになるというのは、骨盤全部を立てようとして、動いてほしくない部分も動いてしまうから。

まずは、骨盤をパーツに分けて
・上はタックイン
・下は出っ尻
というふうにイメージしてやってみると立てやすいですよ^^

いきなりフロアで意識するのは難しいので、バーレッスンでプリエをするときやタンデュをするときに、試してみてください。

 
 
 
スクリーンショット 2017-07-18 7.48.42