バレエ・ダンサー治療

バレエ治療やダンサー治療に関する内容です。

バレエでウェストを細くする解剖学的な理由

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていて「ウェスト細くして!」というアドバイスを受けた経験ありませんか?

そして、腹筋にグッと力を入れて固めて「そっちじゃない」と言われたことありませんか^^;

今回は、バレエでなぜウェスト細い方がいいのかお話します。

 

バレエでウェストを細くする解剖学的な理由


 
ウェスト細くするを単語の通りにイメージすると、こんな感じで対策を取る方が多いようです。

・腹筋に力を入れて固める
・息を止める
・腰を反る
・「ウェスト細くないからしょうがないし」と思う

最後のは冗談ですが(笑)、上のどれかをやってみたことはあるかもしれませんね。

バレエで「ウェスト細くする」解剖学的な意味.003
 
 

ウェストを細くしようとするのは逆効果

 
 
このとき、ウェストだけを細く『しよう』とするのは効果です。
どうしても上にあるように不自然な形でやろうとしちゃいます。

では、ウェストは細くできないのか?
そんなことはありません。

なぜなら、ウェストは『結果として細くなる』からです。
 
 

バレエでウェストを細くする理由とメリット

 
 
ウェストは肋骨と骨盤のあいだの腰回りのこと。
つまり、肋骨や骨盤の状態で変わるんですね。

①ターンアウトしたり
②骨盤を立てたり
③肩を下げて肋骨を締めたり
④引き上げで腹圧を上げたり(内臓を持ち上げる)
…としていくことで、

結果的にウェストは、細くなっていきます。

要するに、バレエでウェスト細くなっている状態って、解剖的にみると、【股関節が使える+骨盤立ってる+肩が下がってる+あばらが閉じてる+引き上がってる】ことなんです。

バレエで「ウェスト細くする」解剖学的な意味.006

 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

おそらく普段イメージしてるウェスト細くする方法とは違ったかもしれません。

なんとなく腹筋に力を入れること『ではない』ことに気づくだけでも、やることが近づくので、ウェスト細くしやすいと思います。

何より、踊ってて酸欠になる回数が減ります^^;

もし、あなたが『ウェスト細くしたいのに自分がイメージした通りにいかないな』と思ったら、先ほど出てきた部分(ターンアウト、骨盤立てる、あばら閉める、肩を下げる、引き上げ…など)をやりやすいところから修正していってみてください。

結果的に、ウェスト細くなりやすくなりますよ^^

 
 
 
 バレエ 整体 東京

腰痛になる意外な原因とその対策

こんにちは。島田です。

バレエを踊っている方に限らず、腰痛になることは多い思います。あなたも1度は経験したことがあるかもしれませんね。

一言で腰痛といっても、いろいろあります。

例えば、
・朝起きたときに腰が痛い
・イスから立ち上がるときに腰が痛い
・座っていて腰が痛い
などなど、状況によってパターンは違います。
 
あなたもどれかしら経験があるかもしれませんね。
腰痛になる意外な原因.002
 
これらには腰痛以外にも共通するクセがあります。それは…

腰痛になる意外な原因とその対策

腰痛になりやすい人に共通するクセ、それは、
(体幹を動かさずに)顔や首を先に動かすクセです。

どういうことか、例があった方がわかりやすいので、起きるときに腰が痛いケースで見てみると…
 
 

起きるときに腰が痛い時のメカニズム

 
 
首が先に動くと、こんな感じの流れになります。

①首の力で体を持ち上げる感じになる

②首が動くので背中は固まって動かない

③この状態だと足で踏ん張れないので足は浮いちゃう

負担が腰に集中

腰痛
 
 
腰痛になる意外な原因.005
 
 

腰痛になる人とならない人はどこに違いがでるのか?

 
 
いわゆる腰痛になりやすい人だったり、首が先に動くクセのある人は腹筋や背筋などの体幹が弱いことが多いです。

そのせいで、体幹を使えずに首が動いてしまうんですね。

腰痛になりにくい人は体幹が使えているということなんですが、別に筋トレをガンガンやってるから体幹が強いというわけではありません。

日常のある動きに差があります。それは…
 
 
寝返り
 
 
腰痛になりやすい人と、腰痛になりにくい人では、寝返りで体を動かす順番に違いがあります。
 
 

腰や首を痛くする寝返りと
腰に負担をかけない寝返り

 
 
寝返りという動き自体は同じでも、動かす順番が…

(1)首を動かしてから体幹をひねる
(2)体幹をひねってから首が動く

だと、首や腰にかかる負担が全然違うんです。

腰痛になる意外な原因.008

このタイプの腰痛では、ストレッチなどでゆるめたり、ほぐしたりすることで楽になることはあっても、首から先に動くことで腰に負担をかけるクセが残ってると、すぐに戻ってしまいます。あなたも経験あるかもしれませんね^^;

「じゃ、この顔や首から先に動いてなる腰痛を防ぐにはどうすればいいの?」って思いますよね。方法はあります。
 
 

このタイプの腰痛を防ぐ方法・対策

 
 
首から体幹を動かすクセを改善して、腰の負担を減らしてあげるアプローチです。

体幹をひねるスイッチとして、反対側のお腹から寝返りをするのが効果的。
こうすると、ひねるときに体幹の筋肉を自然と使えるので、自然な動きで首まで回せます。

腰痛対策.001

でも、「そもそも、反対側のお腹を意識して寝返りするのが難しい」って意見もあるかもしれません^^;

そこで…
 
 

もっと簡単にできる腰痛の治し方

 
 
今のメカニズム(体幹→首)をもっと簡単にやる方法が、カエル足から寝返りをすることです。

カエル足した状態からヒザを折りたたむときに、体幹のひねりが勝手に使えるので、体幹を使った寝返りをスムーズに行いやすくなります。

腰痛対策.004

バレエでは、ピルエットという回転で、『顔を残す』という使い方をします。
このカエル足→寝返りは、その応用です。

顔をつける構造的アプローチ①体と首の回転.005
 
 

さらに腰痛改善の効果を上げるには

 
 
そこからさらに効果を上げるなら、

①カエル足で
②肘を伸ばしたまま腕を後ろに大きく3回くらい回してから
③寝返りをする

というふうにすると、肩と股関節の連動+背中を使う動きもプラスされるのでもっと効果が上がりますよ^^

※注意点※
腕を回す時は、肘は伸ばしたまま、1回5秒くらいかけて回すと背中の筋肉を使いやすいです。床などで腕を大きく回せないときは、体の前で3回、体の横で3回、上で3回という感じで分けるといいです。

腰痛対策.006
 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

今回は腰痛になる意外な原因として、
【(体幹が動かずに)顔や首が先に動いてしまうクセ】による影響をお話しました。
腰痛対策.008
対策は、寝返りで体幹を回してから首を動かすこと。

そのタイプの腰痛の治し方として、
ステップ1:カエル足→寝返り
ステップ2:カエル足→腕を回す→寝返り
をお伝えしました。

この寝返りは寝る前に行うと、体がインプットしてくれるので寝てる間の寝返りがいい感じになっていますよ^^ぜひやってみてください

 
 
CTAウェビナー③

ハムストリングスが硬い3つの原因

こんにちは。島田です。

バレエであったりダンスなどで踊っていると、「ハムストリングス(もも裏)が硬いな」と思うことがありませんか?

ハムストリングスの筋肉自体が疲れて硬い、ということもあるのですが、他の部分をかばって硬いということもあります。

今回はハムストリングスが硬くなる原因つに分けてお話します。
 
 

ハムストリングスが硬い3つの原因

 
 

ハムストリングスが硬くなる原因を近い順からみていくと…、次の3つのパーツに分けることができます。

ハムストリングスが硬い3つの原因.011

原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く
 
 
このように3つのパーツのどこかに問題があると、体勢を崩さないために、かばってハムストリングスが硬くなります。

では、どんな感じで硬さを作るのか、1つずつ掘り下げていきますね。
 
 

原因1:骨盤のズレ(タックイン・出っ尻)

 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.012

1つ目は骨盤のズレ。
今回お話する3つのなかで、一番影響が強いです。

理由は、ハムストリングスは骨盤(坐骨・ざこつ)から膝裏までいくので、くっつく片側の骨盤に問題があれば、モロにそのあおりを受けるから。

具体的にどうなるか?というと…

例えば、骨盤がタックインすると、

・坐骨が下に下がる
・膝は前に押し出されて曲がる

ようになります。

なので、間にあるハムストリングスは、縮みやすくなって伸ばすと硬い感じになるんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.017

逆に出っ尻のようになると…

・坐骨は上(後ろ)に引っ張られる
・膝の上は後ろに行くので伸びそうな感じですが、すねが前に押し出されるので、結局、膝は曲がる

ようになります。

すると、今度はハムストリングスでも膝裏(ひざうら)に近いあたりが伸びにくいということになるんです。

ハムストリングスが硬い3つの原因.023

こんな感じで骨盤のズレがあると、ハムストリングスがそこをかばって硬くなっちゃうんですね。

で、これらの骨盤のズレをつくる原因になりやすいのが…
 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.025
 
 
体幹です。
 
 

原因2:体幹弱くて肋骨開く・背中が硬い

 
 
体幹が弱くてグラグラしたり、背中が硬い状態だとどうなるかというと、こんなイメージのゆがみが起きます。
ハムストリングスが硬い3つの原因.035

・肋骨(あばら)が開いて、骨盤が下がる
・股関節はイン(内側)に入りやすくなる
・反対側の骨盤は前に押し出される

という感じになって、図でいうと、右側は出っ尻タイプで、左側はタックインタイプでそれぞれハムストリングスが硬くなります。

そして、この背中のコントロールをするのが首〜肩です。
 
 

原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

 
 
首がグラグラ動く、踊っていて顔から突っ込む…など、表現はいろいろありますが、顔から先に動いてしまうと、首や肩(腕のつけね)が動きます。

すると、背中は体勢が崩れないようにかばって固まるため、背中が動かず硬くなってきます。

そして、原因2のような状態になってハムストリングスが硬くなっていくんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.042
 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

ハムストリングスが硬い、というとき、確かに筋肉自体が硬い場合もあるのでそこをほぐせば大丈夫なケースもあります。

でも、なかなか硬さがとれないときは、今回お話したようにどこかをかばってなっていることがあるんですね。今回はその原因を大きく3つに分けてお話しました。
ハムストリングスが硬い3つの原因.048
 
 
原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

このようにパーツに分けると、自分はどの辺が原因でハムストリングスが硬くなってるのか、アプローチするヒントになると思いますので、ぜひ^^
 
 
P.S.
骨盤と足首の骨はリンクしているのでそちらから整えることもできますよ^^
この記事を読んだ人はこちらも見ています↓
 
 
ハムストリングスが硬い意外な原因
ハムストリングスの硬さをとる