アームス

バレエ 肩下げる

こんな肩下げはダメ…

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんの治療をしたときの話。
「左足の付け根が痛い…(×_×;)」
とのこと。

バットマンをしてもらい、付け根の痛みがどう変わってるか確認しながらバレエ治療をしていきました。

足の治療をして足はOK。
でも、まだ痛みは残っていました。

※足が OKの根拠※
まったく同じ治療を反対側にしたら、「うわっ!軽っ!」って足が上がるんですが、痛い方の足は「こっちは痛い」って上げられないからです。

ということで、まだ治療をしていない上半身に痛みの原因があるんだろうと探してみると、右の肩関節がゆるゆる…。
そこで聞いてみると、
 
 
「(あんまり注意されてしんどかったので)肩下げするときに、肩が上がらないように腕を引き下げていた
 
 
とのこと。(^^;
これが足の付け根が痛い原因でした。

 

肩下げで腕を引き下げてはいけない2つの理由

 
パッと見、肩は上がってないように見えるからOKじゃないかと思いますよね?

でも、この方法で肩を下げてしまうと、マズイことが2つあります。
それは…
①腕の助けがないので引き上げできない
②股関節がゆるんで足の付け根を痛めやすい
 
 
①腕の助けがないので引き上げできない
アームスは体を引き上げたり、股関節を使いやすくするためのサポートです。
腕を引き下げてしまうと、その腕が使えなくなります。
本来、腕の助けを借りて引き上げる部分だったり、足を上げたりする部分を足の力でやらないといけません。
要するに、足の負担がすごく増えます
 
 
②股関節がゆるんで足の付け根を痛めやすい
以前お話した通り、肩と股関節は連動しています(股関節を開く簡単な方法)。
腕を引き下げて肩を下げようとすると、肩関節がゆるくなります。
そうすると、股関節もゆるんでしまいます。

こう言うと、『股関節ゆるむなら良いんじゃないの?』と思う人もいるかもしれませんね。
実は良くありません。

これは股関節を柔らかく使えるのとは違います。
柔らかく使うには、股関節が安定していないといけないんですね。
股関節がゆるんでしまうと、そもそも立つのが不安定になります。
グラつきやすい分、支えようと力が入るのでかえって硬くなっちゃうんです。
 

肩下げ≠肩関節を下げる

 
肩下げって言葉は誤解うみやすいです。
いわゆる肩関節を下げるんじゃなくて、肩甲骨を下げる感じなんです。

なので肩下げするときは、首の根元と背中を背骨に向かって下げるイメージでやると肩甲骨が下がります。
バレエ 肩下げる

間違っても腕を引き下げようとはしないでくださいね^^;ケガしちゃうから
 


PS.
ちなみに、この方の痛みはとれて発表会に間に合いました^^ヨカッた

PPS.
もうひとつ言うと、普段デスクワークで足の付け根が痛い人の7割は股関節ではなく肩が原因です。
猫背になると前肩になります。
前肩になると股関節が開かなくなります。
肩のせいで開かない股関節を無理して使って痛めてるケースがほとんど…^^;。

バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ

バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ

こんにちは。島田です。

あなたがピルエット得意なら読み飛ばしてください。
でも、ちょっとでもうまく回りたいなと思うなら、今回のお話はヒントになるはずです。

ピルエットが回れないときに、【顔がつかない】、【首が回らない】といった部分は意識がいくんですが、手はノーマークな人が多いです。
でも、この手の位置ひとつ変えるだけでバランス取りやすくなってピルエットしやすくなるんですね。
 
 
ピルエットで回ってるときはアンナバン(アンナヴァン)にしていると思います。
このとき、アンナバンの位置が高いと回るときに勢いがつきすぎてダブルに入れません
逆に、位置が低いと回転不足で途中で降りちゃいます
 
 
「手の位置が重要なのはわかったけどどうすれば…^^;」って思いますよね?
アンナバンの手の位置を、自分でもチェックできる簡単な方法があります。
それは…
 

アンナバンの状態で、手を上下に動かす

 
普通に立ってる状態でいいので、アンナバンにして手を上下に動かしてみてください。

バレエ アンナバン
このとき、手が軽くなる位置が、あなたのアンナバンの位置です。
これは、腕が背中から使えてる状態です。
それ以外は、腕で手の位置を支えています。
つまり、腕が重りになって、首の根元にぶら下がってる状態です。

重心がズレるので、

・バランスがとりづらい
・肩が上がる
・顔がつかない

といった問題がでてきます。

 

あなたの手の位置はそこで良いですか?

 
ふだん、何気なくやってるアンナバン。
でも、間違ったところに手を伸ばすと、手が背中にぶら下がる感じになって、重心がズレます。
ピルエット回るどころかバランスがとれません。

自分の手が軽くなる位置を見つけて、そこに乗せてみる感じにすると今までより軽く回れることに気づきますよ^^

バレエ アームス 使い方

バレエのアームスは使い方次第で軸足を強くする

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんなことありませんか?
 
 
「ターンアウトが開かない…」
「軸足がグラグラして立ちにくい…」
「もっと5番に深く入れれば…」
 
 
そして…
「足で精一杯。手はテキトーになっちゃう」
ってこともあるかもしれませんね。

ターンアウトは股関節の問題で、軸足は足の問題だと思いますよね?残念!違います。実は、バレエのアームスの使い方次第でこれらの問題をかなり減らせるんです。

今回は、バレエのアームスが足の動きをいかに助けるか紹介します。
 

バレエのアームスと足の関係

 
簡単にまとめるとこんな感じです。
 
 
アンバー:床を押しやすくする(甲出ししやすくする)
アラスゴンド:開きやすくする
アンオー:伸びやすくする
アンナバン:固定

「え?手の位置でこんなに影響するの?!」と思ったあなた。手をきちんとアンドゥオールして肩を下げた状態(手のアンドゥオールについてはこちらに書きました)からアームスを行えば、ターンアウトや軸足がずいぶん使いやすくなるんです。
 
 
実例をみてみましょう。
 

5番ポジションの手の位置は?

 
5番ポジションしたときの手の位置を思い出してください。

多くの人がアンバーにするんじゃないでしょうか?手をアラスゴンドにして5番にするイメージってあまりないですよね?
 
 
これには理由があります。
 
 
構造上、アンバーにした方が5番ポジションに入るターンアウトがしやすいんです。
試しに、アラスゴンドにして5番ポジションとってみてください。ちゃんとできてると、ちょっと感じ違うのがわかるはずです。
 

左軸足で立つとき、左手はどの位置ですか?

 
ピルエットなど片足に乗るとき、手の位値はアンバーが多いと思います。

これは、アンバーにした方が、床を押しやすい(甲出ししやすい)からです。
そして動足の方は手を横に開いてますよね。それは手をアラスゴンドにした方がパッセに開きやすいから。
 
 
バレエの振り付けはムダがありません。手の位置は飾りじゃないんですね。そのポーズをしやすくするために、構造上その位置に手を持ってきた方が良いんです
 

いろいろな振り付けのアームスを見直してみて

 
ピルエットではどの順番かな?
アラベスクではどうかな?
プリエは?
ジュッテは?
ジャンプは?
…などなど、いろいろな振り付けのアームスがどうなっていたか振り返ってみてください。

構造上それぞれのポーズをしやすくするために、アームスがあります。そこに気づいてアームスの使い方を変えるだけで形や可動域はグンと増えますよ^^